トップページに戻る
サイトマップ
「私家随想録」とタイトルを付けさせて頂いたpageですが、こちらでは店主の着物や染織に関する視線を何となく文章としたものです。
そもそも、弊店HPを開設した1999年8月にはBlogと言う存在もなく、HPの中で「店主の着物に付いてのお話」を掲載したのが、このpageを始めるきっかけででした。
恐らく、着物/染織に関するお話について客観的な情報は極めて少ないかと思いますので、知識としてご参考になるものではないかとも思います。
なお、掲載記事と掲載画像とは基本的に関係がありません。掲載画像はあくまでもイメージとして捉えて下さいます様、お願い致します。
手描き京友禅

 Shopping-contents

きものと染織のお話
着物の悦び
名古屋 呉服屋
Back.No_-34.
着物の悦び
草木染め紬織/下井紬
手描き更紗帯

着物/帯を選ぶと言うことは何も消費者に限ったことはありません。
私たち着物専門店も"仕入れ"と言う型で、着物や帯を"選ぶ"訳です。消費者からすると「呉服屋さんは何でも知っている」と思われがちです。
いやいや、実は、ここ数年は勉強家の消費者の方が多くなり、不勉強でいると、時にお客様から「チェック」が入る事もあるようです。
呉服屋さん/専門店と言っても、様々な規模・形態があって、一概に言えないのですが、少なくとも着物や帯をお店の在庫として仕入れているお店は、着物や帯を「選ぶ」必要があります。お店の資金を着物や帯に替える訳ですね。

着物・帯は、外見上、本当に価格相当なのかどうかが、"ある"消費者にとって悩みの種であるのと同じように、私たちにとっても、果たして売れてくれるかどうかが悩みの種のなです。
弊店のような専門店の場合、右から左と言うイメージではなく「店の印象に適った着物・帯」を買い集める訳です。これがお店の個性や趣味みたいなものとなります。

弊店の場合は、織物は専門の織物商に、染め物は染め屋さんに、帯は専門の帯屋に行きます。ここで、いろいろと商材となる織物/染め物/帯を、選ぶ訳です。はっきり申し上げると、殆ど消費者と同じ気分です。お金を払って仕入れる=「着物/帯を買っている」訳です。

表見的には、なんとなく、着物は他の物販である洋服や宝石に似ている様に思われがちですが、少なくとも弊店の付き合いのある業者は、どちらかと言うと書画・陶芸商に近い様に感じられます。古着を扱わないので骨董とは少々離れます。
何故、書画・陶芸商に近いかと言うと、品質管理と言う視点にて商材を扱っているからです。
一方、"問屋さん"と呼ばれる業者さんは、(現代風に申し上げると)数字の管理に依る商材管理となってます。
こうした問屋機能も、物流と言う視点からはやはりなくてはならない存在ではあると思います。ただ、興味が感じられるのは、前者の専門商の話でしょうか。。。
こうした専門的な業者は、所謂"大手""大企業"では賄えない仕事を主たる業務とします。扱い品が"主観"に依って決められる事が多いのです。
多くの場合、コスト管理や原価を考えることなく、誂える事はよくあることなのです。現在の製造業では考えられないことなのですが「工芸品」では許されるのです。ただ、コストを度外視したと言うことではなく、品質を追いかけた結果、この価格になったという事なのです。「着物が高いと言われる所以だ」と言われそうですが、あまり「高くなる」理由とは直接的ではないように思います。

着物の悦び
櫛織紬:染帯

こうした「工芸品」は、あまり多く場合職人さんによる仕事の積み上げであり、ブランド品の様に訴え掛けるものを持っていない場合も多いのです。すると、どこが良い、何が良いかは分かり難くなります。
「皇室御用達」と言えば分かりやすいのですが、結果的に皇室の方の眼に留まることがあっても、それが先でもなければ、後にも言われないのが専門商なのです。知識の乏しい私などは「分からなければ」訊く事にしています。

誂えた専門商や職人に徹底的に訊くようにしています。着物は、「高ければ良い」訳でも、「安ければ良い」訳でもありません。着物は価格に管理されるものでなく、着物を求めている方、着物が好きな方に「魅力的」であれば良く、そして、誂えた後も永く愛用できる着物であるべきだと思います。誂えたを出した専門商(染め屋/帯屋/織物屋)や職人さん、染織家の方たちは、責任を保って真剣に、私のような未熟者に教えてくれます。

そうした着物、帯は、数字で管理されたものよりも、染織に従事した者が丁寧に誂えたもの方が遙かに多い様に感じられます。難しい事ではありません。例えば、友禅などは、丁寧に描かれた下絵を見た職人は、その丁寧さ故に、白生地に青花を差す際にも、やはり「気」を払います。これは下絵を描いた職人に対する敬意の様なものです。糊置きも同じように、青花の加工を見て、糊をおくのです。
ひとりひとり「気を遣い」「敬意を保って」仕事をすると、お金には換えられない「友禅」が生まれるのです。コスト管理の発想では生まれない意識かと思います。こうした「工芸品」をいくつも見ていると、眼が慣れ「良いもの」「そうでないもの」の判断が付いてきます。でも、分からなければ絶対に訊く様にしています。。
資金を投じて仕入れた着物・帯には責任を持つようにしていますから。。。

最近、「手織が良い」「草木が良い」とした総論的な発想で、着物や帯を見られますが、一慨に言えないのが着物。もし、証紙や総論的な視点で「品質」を管理できれば着物は終わりです。また、着物や帯を買うにあたって、分からなければ販売者に訊く事ですね。答えはさておき、販売者責任として、ちゃんと教えてくれる筈ですよ....。

2006/03/** update
私家随想録/アーカイブ TOPに戻る
着物の悦び
この記事についてのご意見ご感想がございましたらお問い合せ下さい。

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります