トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

   
染め名古屋帯タイトル
背景
勝山健史 西陣織袋帯 タイトル
 

西陣織袋帯 勝山健史.制作勝山健史.制作西陣織袋帯 塩蔵繭
 
勝山健史 作
西陣織袋帯(塩蔵繭使用)
 

西陣織.帯地作家.勝山健史制作の<西陣織袋帯>。

墨色系の地色に対して、銀糸と金糸だけで文様が織り出されています。
この文様なんですが、伝統的な西陣織で見掛ける文様ではありません。欧州の匂いのする文様のようです。そして、その文様一つを見てみると、とても精巧な"かたち"をしている。万華鏡の中を覗いた際に映る光景を、図案/デザインに興した様な文様です。
そんな文様が、ひたすらに繰り返されている。

この帯地なんですが、とても単純な文様の繰り返しだけで織られている。
つまり、墨色を背景とした二配色で織られた文様が繰り返されているだけの織物なんですね。
けれども、単純な印象なる感じは伝わってこない。
もちろん、複雑で、何かの作為が感じられると言うわけではありません。
あえて表現するなら"緊張感"のようなものが、この織物には感じられる。辺りの空気が、少しだけ澄み切ったような、張り詰めているような感じを憶えるのです。

そもそも、この織物からは、とても洗練された綺麗さみたいなものが感じられます。潔いほど色を控えながらも、その色の個性を効果的に使われている。眼に映る以上に、色の印象を憶えるし、文様の印象を浮き上がらせています。
糸が質感..、糸の"凄み"なんだと思います。光の加減で、墨色も、金も、銀も、その色の質感、絹の質感が、移り変わる。だから、僅かな色と、たった一つの文様だけでさえも、眼に映る以上の印象を伝えるんですね。

この織物が伝える緊張感とは、この素材である絹糸と制作者の美意識が相俟って生まれる存在感のようなものなんだと思います。

何もかも整っている感じがします。
この帯..、この織物の辺りの空気までも整っている様に感じられるのです。
こうした類いの緊張感..、帯の存在感は、現代の西陣織では見掛けることはありません。もしかすると、古の織物の中に見掛ける事の出来る類いの緊張感なのかもしれません。

とても綺麗な絹の織物です。

最下段画像では、菊池洋守制作の八丈織.吉野格子とあわせてみました。

 
勝山健史.制作 西陣織袋帯西陣織袋帯 勝山健史.制作勝山健史.制作
西陣織袋帯 塩蔵繭勝山健史.制作 袋帯西陣織袋帯 塩蔵繭
勝山健史.制作勝山健史.制作勝山健史.制作
商品番号 kgfno_99571
勝山健史 制作
西陣織袋帯
丈 : 1丈2尺以内(約4.54m以内/お仕立て上がり)
絹100%(塩蔵繭よりつくられた絹糸が使われています)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
 このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります