トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

 
染織工芸帯地 タイトル
背景
勝山健史 名古屋帯タイトル
 

 名古屋帯 塩繭
勝山健史
 
西陣織九寸名古屋帯
勝山健史 作品
 

西陣織帯地の作家.勝山健史氏制作"九寸名古屋帯地"。

勝山健史の作品は、織物として手法やデザインだけではなくて、養蚕より織糸制作に関わり、素材までも自身の求める品質に特化された絹織物。
だから、勝山健史の絹織物は、その絹の質感に、他の絹織にはない綺麗さが伝わって来ます。

その綺麗さは、本来、絹そのもののが持っている綺麗さの様です。
一般的な絹の加工では損なわれる絹本来の綺麗さを、この制作者は作品表現としているのです。
デザイン性だけではなく、絹織物ならではの綺麗さが感じられる絹織物は、他では見られないと思います。

こちらに掲載をさせて頂いた作品にも、この"制作者らしさ"が感じられます。
"絢爛な綺麗さ"とか、"伝統的な装飾性"などと言うものがこの帯地にはない。

彩色は、控えられているし、金彩が施されている訳でもない。
そして、織り出されている文様は、どうやら、ヨーロッパ、あるいはペルシャ辺りで制作された古い織物の文様を映しているみたいです。
少なくとも現代の西陣織には、見掛けない帯地の様だし、また、西陣織という視野から離れても、こうした絹織物は珍しいかもしれない。
けれども、もし、この絹織物を、"帯地"として知らずに、眼にしたとしたしても、きっと、綺麗で、美しい文様デザインの織物として印象に留めると思います。

この絹織物にも、制作者の美しい"絹"が使われています。
だから、絢爛な装飾性は必要ではないのだと思います。
僅かな彩色に留められているのは、絹の綺麗さを表現する為...、そして、このエキゾチックな文様は、この絹織の綺麗さに良く馴染んでいるし、気品があり、現代的な空気感に満ちています。

"絹"、"デザイン(織)"、"色"とが美しい調和を保っている絹織物です。
欧州印象の文様が織り出されいるにもかかわらず、和の織物としての違和感は全く感じられない。
絹織の美しさを、最小限度の色とエキゾチック文様を使うことで表現された現代の西陣織の様な気がします。

*久米島紬(車輪梅)の縞織とあわせてみました。
無地印象で絹織のお着物とあわせると間違いなくあうのかもしれませんが、こちらでは真綿感のある草木染め縞織の久米島紬とあわせてみました。真綿感ある紬織でも、帯と着物の雰囲気が崩れることがありません。

*菊文様散らし小紋とあわせてみました。
濃い色目の着物と着物あわせを挙げてみました。小紋の品格が上がった感じがします。

*地色は僅かにグレイ色をおびたベージュ色。

 
 名古屋帯 塩繭
洛風林
洛風林
商品番号 kgo_99577
勝山健史制作
西陣織名古屋帯
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

お電話番号

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります