トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

 
染織工芸帯地 タイトル
背景
勝山健史 名古屋帯タイトル
 
名古屋帯 勝山健史
絹織物 勝山健史
 中世イタリア裂 洛風林 名古屋帯
絹織物 勝山健史
 
西陣織九寸名古屋帯
勝山健史 作品
 

西陣織帯地の作家.勝山健史氏制作"九寸名古屋帯地"。

勝山健史の作品は、織物として手法やデザインだけではなくて、養蚕より織糸制作に関わり、素材までも自身の求める品質に特化された絹織物。
だから、勝山健史の絹織物は、その絹の質感に、他の絹織にはない綺麗さが伝わって来ます。

その綺麗さは、本来、絹そのもののが持っている"輝き"の様なものかもしれません。
一般的な絹の加工では損なわれる絹本来のこの"輝き"を持った綺麗さを、この制作者は作品表現としているのです。
デザイン性だけではなく、絹本来の生粋の綺麗さが感じられる絹織物は、他では見られないと思います。

こちらに掲載をさせて頂いた作品は、イタリアに遺されていた古い絹織を見本として制作された九寸名古屋帯です。

爛熟した文化の中で制作された絹織物は、どの時代、または、どの文明であっても、いつも、色美しく、綺麗で、趣向や気品に満ちています。
それは、豊かさに満ち溢れた人にとっても、美しい絹織は、憧れであり、かつ、ステイタスでもあったのだと思われます。
もちろん、絹織物は、それそのものに価値ある作品である一方で、価値あるものを飾るための装飾的美しくさを求められる存在...、例えば、宮殿の壁面や調度品を美しく飾るための絹織物は、飾るための美しさが求められていた様です。

"中世イタリア裂"と銘が付けられた作品は、この絹織物それ自体が、絢爛たる美しさや華やかさがある訳ではありませんが、美しく、澄み切った空気に包まれている様に感じられる。
制作者が、あえて、古いイタリアの絹織からデザインを見本としたのは、自身の"絹"の綺麗さを表現するために、理想的なデザインだったからなのかもしれません。
爛熟した古のイタリア文化の中でつくられたデザインが、この勝山健史氏の絹織作品に活かされることは、現代の織物感覚なんだと思います。


*江戸小紋/角通し(黒)とあわせてみました。
彩りの気配のない江戸小紋"角通し"に、あわせてもこの帯だけが"浮いた"様なに感じられることはありません。凜とした綺麗な"着物あわせ"を感じさせてくれるのではないでしょうか?

*八丈織(菊池洋守)のお着物とあわせてみました。
最も細かい市松織で織られた綾織の八丈織です。PCモニターでは伝えられない程、綺麗な青磁色です。"中世イタリア裂"とあわせると、絹と彩色の綺麗さが際立って感じられます。

*地色は僅かに薄いブルー系色。

 
勝山健史 名古屋帯
 勝山健史 中世イタリア裂
勝山健史 洛風林
洛風林 中世イタリア裂
商品番号 kgo_99667
勝山健史制作
西陣織名古屋帯
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

お電話番号

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります