トップページに戻る
サイトマップ

ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。

 

 Shopping-contents

 
染織工芸帯地タイトル
背景
綾織九寸帯.浅倉広美 タイトル
 

板締め絣 綾織帯 浅倉広美浅倉広美板締め絣 綾織帯 浅倉広美
 
浅倉広美 作
板締め絣綾織九寸名古屋帯
 

板締め絣が綾織で織り出されているその様は、光の中から色彩が流れている様にも映ります。
もしかすると、使われている"色の数"は高が知れているかもしれませんが、色彩印象は眼に映る以上の深みを伴って感じられます。

眼にしている色が流れて行く様に感じられるのは、板締め絣によって構成された色彩(ブルーのグラデェーション)を、綾織で織り出すことでその色加減に朧気な空気を与えているからなのです。

受け継がれた感覚や染織技術とは全く違う染織感性でつくられているのだと思います。
この織物の制作者は、女子美術大学工芸科染織専攻卒業後、染織作品を制作されています。伝統や歴史ではなくて、制作を通じて、染織を学ぶということから育まれた感覚とか感性が、美意識となり、装飾となっているのだと思います。

どうやら、よく似た色を織り交ぜるて行くことで生地がつくられている様です。
そして、そこに映る色は、もはや染められた色ではなくて、制作者の色彩感性が構成する色加減となっている..、染織技術とか経験だけではない制作者の美意識があるから、織物の中で色彩が特有の色加減となって映るのです。

きっとブルー系だけの色だと思いますが、それ以上の色印象を憶え、織物としての特別な存在感が伝わって来ます。 こうした色彩印象と染織デザインは、あえて帯地と捉えなければ、現代の屋内装飾作品や美術館展示作品としても映るかも知れません。
やはり、この織物を飾っているのは、制作者の美意識なんだと思います。

色美しい板締め絣と綾織を駆使して制作された九寸名古屋帯です。

染織家:浅倉広美.作品


最下段画像では、草木染め手織紬(みさやま紬)とあわせてみました。


=経歴=

  女子美術大学芸術学部工芸科染織専攻卒業
1989年 「国展」初入選
2011年 国画会工芸部会友推挙
2012年 シルク博物館「全国染織作品展」
<全日本真綿協会賞>受賞
2014年 シルク博物館「全国染織作品展」入選
2014年 「国展」<会友賞>受賞
国画会工芸部準会員推挙
2014年 駒ヶ根シルクミュージアム
「現代手織物クラフト公募展」入選
 
浅倉広美 板締め絣 綾織帯板締め絣 綾織帯 浅倉広美浅倉広美
板締め絣 綾織帯 浅倉広美浅倉広美 板締め絣 綾織帯板締め絣 綾織帯 浅倉広美
商品番号 kgo_94117
板締め絣綾織.九寸名古屋帯
浅倉広美.作品
価格:300,000円(お仕立代込み/税別)
長さ9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります