トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

 
染織工芸帯地 タイトル
背景
孔雀文 名古屋帯タイトル
 

 名古屋帯 塩蔵繭 名古屋帯 塩蔵繭 名古屋帯 塩蔵繭
勝山健史勝山健史 名古屋帯勝山健史
 
西陣織九寸名古屋帯
孔雀文金襴(塩蔵繭)
勝山健史 作品
 

"裂(きれ)"という言葉があるようです。
日常ではあまり使わない言葉であるけれど...、その"裂"の意味には、"古代織物の断片"を指すことがあるそうです。
そもそも、"古代織物"について、日常の中でお話に上ることなどないため、聞き慣れない言葉になっているんだと思います。
この"裂"という言葉なんですが、漢字で表すとちょっともったいないような感じがしますが、わざわざ"裂"という漢字を"きれ"という言葉に当てられることを想うと...、やはり、"古い織物"、それもその用途さえも問うことなく、貴重なる織物として伝承されてきたのだと想ってしまいます。

"名物裂"、あるいは"古代裂"、それらの"裂"には銘が付けられている。
たとえ、装束衣裳、調度としての織物の"かたち"ではなくても..、"銘"を付けられる"貴重な織物"として伝承されて来たんです。

こちらに掲載をさせて頂いた織物は、"孔雀"と"牡丹"の文様が、切箔で織り出された金襴の織物。
この"孔雀"と"牡丹"を織り出している切箔には、とても細かい切箔が使われている...、それも、一定の切箔でない。僅かずつなんですが、太さや色合いの加減が違うんですね。
そのため、織り出された文様に、陰影のような浮き出てくる。
光加減で、文様そのものではなく、箔にも深さを想わせる感じが生まれるんですね。

こうした仕事は、伝承されて来た金襴の裂(きれ)には、至極、当たり前にように施されている仕事であって、更には、使われている金箔のクォリティとか、切箔の細密さとかが問われるんですね。
極上の裂(きれ)には、それに相応しい素材が使われて、仕事が施されているんです。
この金襴の織物は、"古代裂の写し"という印象はない...、この"孔雀文"が、古代裂の中にあるかどうかというより、既に"裂"を想わせる空気感があるんですね。

素材には、制作者.勝山健史が手掛けた絹糸が使われているし、箔も極上の切箔が使われています。絹の色艶は、織り出された文様(切箔)の艶加減、色加減に馴染んでいます。絹と箔、色と艶が美しい程の馴染んでいるんですね。

もしかすると、こうした"孔雀"と"牡丹"が織り出された金襴は、"古い織物"なのかもしれません。
けれども、この金襴の織物を眼にして、"古い感じ"、"古びれた印象"はない...、時代性がないんだと思います。
どんな時代であって、きっと愛好者がいる..、そんな存在感を持っているような気がします。

現代につくられた"裂"...、帯地として制作された金襴の織物です。

 
 名古屋帯 塩蔵繭 名古屋帯 塩蔵繭 名古屋帯 塩蔵繭
洛風林 名古屋帯 塩蔵繭 名古屋帯 塩蔵繭 名古屋帯 塩蔵繭
洛風林塩蔵繭 名古屋帯唐草
商品番号 kbno_95633
勝山健史制作
西陣織名古屋帯:孔雀文
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

お電話番号

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります