トップページに戻る
サイトマップ

ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。

 

 Shopping-contents

 
染織工芸帯地 タイトル
背景
三ッ横見菊文様 名古屋帯タイトル
 
三ッ横見菊文様三ッ横見菊文様
 名古屋帯 塩繭 名古屋帯 塩繭
三ッ横見菊文様三ッ横見菊文様
 
 

西陣織九寸名古屋帯
<三ッ横見菊文様>
制作:勝山健史

 

西陣織:作家.勝山健史.制作の九寸名古屋帯。

この作品に織り出された<三ッ横見菊>と称される文様は、堂上家(かつて御所殿上間に昇殿を許される家柄)の公家家紋として使われていた文様です。
菊の花を横から見たその姿を"円"の中に納めたそのデザインは、見事なくらい簡潔で、美しい文様をしています。
日本、古来のデザインでありながらも、"古さ"を感じさせることはありません。
もちろん、日本的文様の持つ特有の空気感は感じられます。墨色の中に、浮き上がるかの様なこの文様から、日本的な格調とか品位、そして、知性の様な感じが伝わってくるのです。
伝統的なのかも知れないけれど、時代性を全く意識させることはないのです。

この作品は、とてもシンプルな構成をしています。
墨色の中に、グレイ色ただ一色だけで、文様が織り出されているだけなのです。煌めきも、輝きも、絢爛さもありません。
けれども、とても綺麗なイメージが伝わって来るし、文様の空気感も澄み渡って感じられます。
これは、制作者.勝山健史の美意識なのかもしれません。
日本古来の完成されたデザイン性を、作品制作の中に、あえて取り込むことで、古の美意識と現代的な感性の調和を図っている様に感じられます。

勝山健史が使う"絹"は、現代の絹織物の中で最も綺麗な絹織物をつくります。この何の飾りもない<三ッ横見菊>が、堂上家家紋本来の格調と美しさを香らせるのは、最高の素材(絹)を惜しみなく使い、色相と文様を構成しているからなのだと思います。
墨色とグレイ色、そして、菊文様..、偽ることも出来ないくらいシンプルなデザインでありながらも、古の美意識と現代的な感性に満ちた作品性をつくり出しています。

余所行き感覚以上のお着物とあわせてお使い頂けます。

*上段画像では、菊池洋守制作:八丈織(吉野格子)とあわせてみました。
<三ッ横見菊>の丸文様と<吉野格子>の格子、そして、グレイと墨色..、二つのコントラストが、織物としての美しい調和をつくっています。
現代工芸性の空気が漂う着物あわせとなりました。

*下段画像では、江戸小紋角通し(根橋工房)とあわせてみました。
高潔で凜とした美しさが感じられる着物あわせとなりました。

 
三ッ横見菊文様
三ッ横見菊文様 名古屋帯 塩繭
洛風林塩繭 名古屋帯
商品番号 kgo_99607
制作:勝山健史
西陣織九寸名古屋帯:三ッ横見菊文様
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

江戸小紋角通し+勝山健史/三ッ横見菊文様九寸名古屋帯江戸小紋角通し+勝山健史/三ッ横見菊文様九寸名古屋帯江戸小紋角通し+勝山健史/三ッ横見菊文様九寸名古屋帯

江戸小紋角通し(墨黒色)×勝山健史:三ッ横見菊文様.九寸名古屋帯


このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります