トップページに戻る
サイトマップ

ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。

 

 Shopping-contents

 
染織工芸帯地 タイトル
背景
唐草文 名古屋帯タイトル
 
アスターナ華文
 名古屋帯 塩繭 名古屋帯 塩繭 名古屋帯 塩繭
アスターナ華文アスターナ華文
 
 
西陣織九寸名古屋帯
高麗織
制作:勝山健史
 

この織物を眼にしていると、西陣織では、あまり感じたことのない存在感のようなものを感じるのではないでしょうか?
淡いグレイ色の中に、ほぼ白色の織糸だけで織り上げられている...、そして、複雑精緻が織り込まれている訳もない..、単彩印象で、かつ、単純な文様の織物です。

この存在感の訳は、どこにあるのか?
織り込まれた文様..、この文様は、大陸の古代遺跡に残された文様を写すことで草稿図案を描いているようです。
西陣織が、古代から伝わる図案や文様を基に研鑽を重ねることで文様図案を描き制作していることを思えば、この織物の文様をもまた、研鑽から生み出された文様なんだと思います。
文様として、どこか趣向を想わせ、貴き美しさにふるえる存在感..、研鑽を重ね、育み、つくられる文様にはそんな存在感が感じられる筈。
寒色で、ほぼ単彩印象にも関わらず、この織物には、冷たさや厳めしさはありません。この文様には王朝的で、どこか知的あり、かつ和らいだ空気が漂っています。

また、この織物には、西陣織.染織家勝山健史氏が手掛ける「塩蔵繭」よりつくられた織糸が使われています。古代より伝承された織物に供される絹の糸を求め、制作した織糸が使われること...、織物としての質感は、もとより、織り出された文様の色さえも、絹そのものの美しさを伝えるかのように綺麗なのです。
この織物に、あえて多くの彩色を施すことなく、灰色と白色などと言う..、言うなれば「色のない色」だけで織り上げているのは、まるで「この絹(塩蔵繭よりつくられた絹糸)」そのもの美しさだけで、この織物を表現するという勝山健史の美意識がなしているのかもしれません。

古代文明が残した文様より図案を写した文様..、それは、もしかしたら何処か他にもあるかもしれません。他の西陣織をはじめ、西陣織陶磁器に染め描かれた文様など..、しかし、ここにある西陣織の存在感は、あまり見掛けるものではないと思います。
織糸と言う"たかが"素材にまで美意識をこめることで、古の文様を現代に生きる織物として甦らせ、孤高の存在感を生み出しているのだと思います。

品格と知性を想わせる西陣織九寸名古屋帯です。



*上段画像では、江戸小紋(鮫)とあわせみました。
*下段画像では、菊池洋守制作.八丈織(白グレイ)とあわせみました。

 
アスターナ華文アスターナ華文
アスターナ華文 名古屋帯 塩繭 名古屋帯 塩繭 名古屋帯 塩繭
洛風林塩繭 名古屋帯アスターナ華文
商品番号 kgo_99611
勝山健史.制作
西陣織名古屋帯:高麗織
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

お電話番号

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります