トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

 
染め名古屋帯タイトル
背景
織九寸名古屋帯 タイトル
 

祝嶺恭子.制作祝嶺恭子.制作祝嶺恭子.制作
首里織九寸名古屋帯 祝嶺恭子.制作祝嶺恭子.制作首里織九寸名古屋帯 祝嶺恭子
 
国画会/祝嶺恭子 作
琉球染織/首里.道屯織九寸名古屋帯
 

染織家.祝嶺恭子氏制作の道屯織九寸名古屋帯。

祝嶺恭子氏は、首里織の染織手法を使い、作品を制作される染織家です。
また、自身の首里織制作だけではなくて、近年まで、沖縄県立芸大で、染織を教授されていた経歴をも持っておられ、現在では、過去に制作された首里織の修復や復元などの仕事もされています。
博物館に所蔵されている古の首里織から現在、首里で制作されている首里織までを、眼にしているだけではなくて、保存や制作に関わっている...、つまり祝嶺恭子氏は、過去から現在に至る首里織に触れていると言うことです。

古い時代に制作された作品をも含め「首里織」を知っている染織家であるためなのか、制作される作品には、斬新な表現や、衒いを想わせる作品性は、感じられません。
そして、これまでにはあまり見られない印象の作品制作がなされた際にも、その作品の中には、いつもどこかに古典的な琉球染織の香りが残されている...、それは、首里織特有の染織手法と同時に、ある時は、色彩表現だったり、ある時は素材感だったりするんですね。
自身の美意識が、首里織という限られたテーマの中で実現されているだと思います。

こちらに掲載をさせて頂いた作品は、道屯織の九寸名古屋帯。
この道屯織なんですが、古い道屯織を復元されたかのような印象があります。

ほぼ黒に近い色が地色に使われていて、紋織の中には、赤色と一緒に、濃い藍色と白が織り出されている。
そして、絹織特有の光沢は、どちらと言うと控えられているけれども、眼にしていると、赤い色、藍の色、白い色が、ゆっくりと伝わって来るんですね。
色と織の構成が、とても巧みなんだと思います。
赤という色が、この作品の特徴なのかもしれませんが、赤そのものが、印象に残ると言う程でもないんですね。
赤を活かすと同時に、赤を控えさせて..、、そして、黒と言う色印象を伝えています。
どうやら、古い道屯織に遺されている道屯織のデザインに、制作者の色彩感性が重ねされている様なんですね。

もしかしたら、色印象は単純なのかも知れません。
けれども、それは、制作者が、あえて求めた色印象なのです。
そして、その色印象は、単純に映るかも知れないけれど、深みある"色の姿"を伝えてくれる筈です。僅かな数の"色"と織との計らいによって、この道屯織特有の存在感がつくられているんです。

 
祝嶺恭子.制作 織九寸名古屋帯織九寸名古屋帯 祝嶺恭子.制作祝嶺恭子.制作
祝嶺恭子.制作 織九寸名古屋帯織九寸名古屋帯 祝嶺恭子.制作祝嶺恭子.制作
織九寸名古屋帯 祝嶺恭子祝嶺恭子.制作 織九寸名古屋帯織九寸名古屋帯 祝嶺恭子
商品番号:rno_92107
首里織.九寸名古屋帯
祝嶺恭子.染織作品
価格:300,000円(税別)
長さ9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
300,000円(税別)/帯のみ
310,000円(税別)/帯+御仕立て
(お仕立ては、国内の専門和裁職人が手掛ける手縫い仕立てのみです)
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります