トップページに戻る
サイトマップ

ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。

 

 Shopping-contents

   
工芸帯地 タイトル
背景
丹後の藤布.名古屋帯 タイトル
 

 藤布八寸帯 草木染め 藤布八寸帯 草木染め 藤布八寸帯 草木染め
藤布八寸帯藤布八寸帯藤布八寸帯
 
丹後 藤布八寸名古屋帯
加畑兼四郎(芙留庵) 作
 

藤布は、藤の蔓を切り出し、藤の繊維から績まれた糸で織り上げられた生地。
日本では、木綿が大陸より渡来するより以前は、この藤布が、生活に根ざした生地素材績のひとつだったようでなのです。
そのため、藤布の起源は、縄文時代にまで遡ることが出来るとのこと..、この藤布が、時に、原始布などと称されるのはその起源の古さにあるのです。

こちらにご紹介をさせて頂いている藤布は、その経糸と緯糸のすべてを藤糸で織り上げられています。
この藤糸は、藤の繊維の灰汁炊きを施し、織物の織糸として適度な柔らかさ、細さにまで加工を加えることで、麻糸や綿糸とは、まったく違った素材感を生み出しています。
特に、この帯地を織り上げた織人.加畑兼四郎氏は、自身の研鑽によって、帯地としての藤布..、それも、織糸の経と緯の双方の織糸に藤糸を使い、帯地として理想的な<藤布>が織り上がられているんす。

藤蔓から績まれた糸が織り出される藤布には、同じ植物系の織物である、麻織物や綿織物とはまったく違う素材感があります。
洗練と言うイメージとは真逆かもしれません...、大地、自然から得られた素材そのままの感覚が、織物を通じて表現されているんです。

こちらでご紹介をさせて頂いている藤布八寸帯地は、無地の平織で織り上げられています。
平織でありながらも、深みある質感覚は、藤糸の素材感の強さが、織物になっても、なお浮き出ているからなのだと思います。他の植物繊維系の織物では伝わってこない..、藤布特有の存在感なんです。
亜麻色系の色..、もちろん、均一的な色加減でもなく、また、織表情も、無地織でありながら、不均一な藤糸が織り込まれることで、無地織でありながらも、それ以上の感覚を伝えています。
こうした色加減と織の表情の不均一な感じが、織物としての景色となって藤布の素材感にもうひとつの質感を加えているのです。
無地織ある筈が、無地織以上の景色をつくり出しているんですね..、原始布と称され古代より継承されてきた織物でもあるんですが、この織人の技量と感性によって、いま尚美しい自然素材感覚の織物として織り上げられているんです。

夏季の帯地としてお楽しみ頂けます。

*下段画像では八重山麻織物(草木染め/手織)とあわせみました。

 
 藤布八寸帯 草木染め 藤布八寸帯 草木染め 藤布八寸帯 草木染め
加畑兼四郎 藤布八寸帯 草木染め 藤布八寸帯 草木染め
加畑兼四郎草木染め 藤布八寸帯 手織

商品番号 kbno_48001
丹後.藤布.八寸名古屋帯(無地織)
制作:加畑兼四郎(芙留庵)
経糸×緯糸:藤
丈 : 9尺5寸(約3.6m)以上/お仕立て上がり
価格:300,000円(お仕立代込み/税別)
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 

*八重山麻織物(草木染め/手織)+藤布八寸名古屋帯

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります