トップページに戻る
サイトマップ
名古屋帯の中で"染め"をテーマとして掲載をさせて頂いているPageです。
手描き友禅染め/刺繍/小紋染め/ろうけつ染め/紅型/型絵染めと染色手法によってその趣は様々です。
"染め"と言う視点にて類別致しておりますので染織家の作品も掲載致しております。
 

 Shopping-contents

   
染め名古屋帯タイトル
背景
小袖文様.染め帯タイトル
 
 

 
生紬地小袖文様/染め九寸名古屋帯
 

「和の装い」を想う時、着物や帯の第一印象みたいなものは、色彩だったり、柄・文様だったりするかと思います。
概して、その構図や彩色表現などが、大胆であったり、シンプルであったりすることで、なんとなく他人(ひと)の印象に残りやすいものなんだと思います。
要するに、作品の特徴的なものに視線が留まりやすいと言うことです。
けれども、少々"かたち"や"色"が、特徴的..、変わっていると言う程度のものであるならば、暫く眼にしていると、眼にしている者の感覚が慣れてしまう。飽きるんですね。
着物や帯の柄模様にも..、やはり、絵画や工芸品と同じように、手掛けた者の手法や感性の巧さみたいなものがなくてはならない様なんですね。

こちらの帯なんですが、ある種、構図という視点からすると、見方によっては"分かりやすい"印象を憶えるかもしれません。竹の幹は疋田..、それもたった二配色。そして、この図案印象を象徴付けるような竹の葉が姿良く描かれている。
9寸と言う巾の中に、とても巧みなバランス感覚で図案と柄が染め上げられています。その巧みさの所以は、刷り疋田染めで染められた「竹」の太さであったり、その傾き加減であったり、彩色加減であったり..、それぞれが、それぞれに対して、バランス良く影響し合っているのだと思います。

そもそも、江戸初期(桃山後期)の小袖の図案を範にしている文様図案です。
およそ400年前の図案でありながらも、どこか「斬新さ」を想わせる空気感がある..、しかし、その反面、極々当たり前の<感覚>かのように、さらっと描き上げられている感じがある。
精緻で、手が込んで仕事が施されていると言う訳ではないんですが、感性の巧さがこうした空気をつくりだして、存在感ある印象を伝えているですね。
こうした存在感は、眼にしていても飽きることはないし、着物との繋がりの中、あるいは、着物と帯とのバランスの中で、帯の「表現力」となりながらも、決して「帯だけが浮いてしまう」事はないんです。

素材はとても薄い生紬(とても目の粗い紬地/夏物ではありません)。お使い頂ける時季は袷と単衣となります。
袷からお単衣まで、紬・小紋にお使い頂けます。

着物と帯のあわせ..
上段画像では、郡上紬とあわせてみました。
下段画像では草木染め手織紬/みさやま紬とあわせてみました。
 
生紬 小袖模様 九寸名古屋帯
生紬 小袖模様 
商品番号 kso_59567
染め九寸名古屋帯
価格 176,000円(お仕立て代込み/税別)
お仕立ては、国内の専門和裁職人が手掛ける手縫い仕立てです。
長さ:9尺8寸程(約4m以内)
正絹100%:生紬
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームよりご注文下さいます様、お願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります