トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

   
西陣織名古屋帯タイトル
背景
洛風林 百合文.名古屋帯タイトル
 
 
洛風林 百合の花洛風林 百合の花洛風林 百合の花

 
西陣織 九寸名古屋帯 帯地
百合の花
制作:洛風林
 

数多くの工夫があるわけではない..、伝統的な文様とは違うし、また、受け継がれて来たとか研鑽が積み重ねられているという..、<重さ>という感じがしない。
かといって奔放な感じを伝えているという訳でもない。
図案とか、文様を思うと、簡潔に留められてはいるけれど、とても、上手につくられた図案なんだと思います。
多くのことを求めるのではなくて、ひとつの図案を"かたち"として描き切られているんですね。

百合の花..、百合の図案が並んでいます。数本の百合の花なんですが、眼にすると、同時に眼に入ってしまう。1本だけが眼に留まるということはない。百合の花が、単純に数本揃えられている...、それも、わざわざ横に積み重ねているんです。
こうした並べ方は、普通考えない筈なんですが、この図案を興した者の計らいなんでしょうね。とても、巧く、そして、感性の豊かさを感じさせてくれます。

細かく、繊細な意匠を重ねたり、組み合わせてひとつの図案を完成させるということもあれば、こうした単純な"かたち"を"単純"に組み合わせると言う"感性"とか"センス"で表現するものもある。
眼にする者は、直感的に、感じることが出来るんですね。物語性とか伝統とかなどを伝え感じられることはないけれど、感性的な"格好の良さ"みたいなものは確実に感じられる。
そして、この<百合の花>が整い並べられた"かたち"なんですが、しっかり、装飾的な空気感みたいなものが伝わってくるんです。

もしかしたら西陣織特有なのかもしれない。形式美が求められた美しい"かたち"を求められることもあれば、一方で、眼の肥えた顧客の趣味趣向に応じて文様図案を興し、織物を制作してきたのが西陣織なのです。だから、どの土地でよりも、歴史的、保守的でありながらも、斬新であり、垢抜けをしている。
こうした単純とも思える<百合の花>の図案を、印象性をもった織物としてしまうのは、西陣織ならではのことなのかもしれません。

さて..、こちらの掲載をさせて頂いた<百合の花>なんですが、先にお伝えもしたように、至って単純、至極簡単な図案なんですが、とても印象深い。
眼にしたら直感的に伝わってくる存在感がある。単純な図案であるために伝わってくるものもまた真っ直ぐなのかもしれません。
いやいや、この帯地の存在感は、図案だけではない様です。
彩色も特有の存在感をつくる要因なんだと思います。彩色加減が、とても良いんです。彩色の数を控え、抑えている。
この図案が、単純であるために、彩色を控えて、図案印象を浮かび上がらせているんですね。
彩色の数が多くなくても、何となく、色濃く感じられるのは、図案の単純さと大胆さにあるんです。
こんも図案と彩色のバランスが、巧く釣り合っているから、感じられる印象が心地よいんだと思います。

また、帯地として、ご利用されると言うことを鑑みても、彩色の数が控えられ、印象が整っていると、着物に馴染みやすいし、また、形式的な印象を外にした趣味性を伝えやすい筈です。

伝統的な感じはありません。でも、装飾的な空気感を伝え、垢抜けしている。
着物を"感性豊かに"飾ってくれる帯ではないかと思います。

=対象のお着物=

無地染め紋付きのお着物
江戸小紋
文様散らし小紋
軽い付下
無地織系のお着物
等々

*最下段画像では、七宝文様散らし小紋とあわせてみました。

 
西陣織 洛風林 百合の花洛風林 百合の花西陣織 九寸名古屋帯
洛風林 百合の花 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯西陣織 洛風林 百合の花洛風林 百合の花 九寸名古屋帯
洛風林 百合の花洛風林 百合の花洛風林 百合の花
西陣織 洛風林 百合の花洛風林 百合の花洛風林 百合の花
商品番号 nwk_61987
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:百合の花
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります