トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

 
西陣織名古屋帯タイトル
背景
蛮彩.名古屋帯タイトル
 
 
蛮彩

 
洛風林:西陣織 九寸名古屋帯 帯地
蕃彩
 

工芸帯地"洛風林"制作の西陣織九寸名古屋帯。
この帯地ですが、もしかすると"帯"と言う先入観がなければ、帯である事も、西陣織である事も分からないかもしれません。 けれども、染織水準の高い文化の中でつくられた織物特有の空気が伝わって来るのが感じられます。
何かを飾るために、デザインされ、そして、絹糸が精巧に織り出されています。
"美しさ"には、様々なイメージがあるかもしれないけれど、染織でなければ感じ得ない美しさが伝わってくるのが感じられます。

この帯地は、台湾に伝わる古い民族衣裳から写され、制作されています。
高貴な階級の衣裳、あるいは、祭祀儀礼に装う衣裳だった様です。いずれにしても、その衣裳は、文化の中で特別な衣裳だった筈で、それ故、その文化を象徴する品位と趣向が表現されていたのです。

そんな特別の衣裳から写された文様に、制作者の美的な感覚が重ねられて、この帯地はつくられています。日本文化にはない織物の個性を、西陣織の織人が、巧みに取り込む事で、異文化の香りが漂う西陣織になっています。

この帯地は、同じ文様が繰り返し織り出されているのですが、その配色は、同じではありません。この文様の配色は、織人が織りながら感覚的につくられています。だから、六通で織られたこの文様には、同じ文様が繰り返されても、すべて違う色彩が織り出されているのです。
こうした仕事は、決まり事のある西陣織の制作手法ではあまりありません。また、西陣織としては、珍しいデザインの帯地かもしれませんが、紛れもなく西陣織の感性でつくられた帯地なのです。

"蕃彩"と銘が付けられたこの織物が、異文化の雰囲気を漂わせながらも、違和感なく着物に馴染む様に感じられるのは、西陣織の美的な感性が込められているからなんだと思います。


*下段画像では、黒色の絹織物(八丈織:菊池洋守)とあわせてみました。
*模様散らし小紋とあわせてみました。

余所行き感のあるお着物とあわせてみました。個性のある帯と捉えてしまうかもしれませんが、余所行き感あるお着物とあわせても帯の個性が主張される感じはありません。
彩色バランスが整っているからなんだと思います。

制作:洛風林

 
西陣織 蛮彩
蛮彩 九寸名古屋帯
蛮彩
西陣織 蛮彩
商品番号 nwk_60899
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:蕃彩
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります