トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

 
西陣織名古屋帯タイトル
背景
花菱地紋入華文.名古屋帯タイトル
 
 
花菱地紋入華文

 
洛風林:西陣織 九寸名古屋帯 帯地
花菱地紋入華文
 

工芸帯地"洛風林"制作の西陣織九寸名古屋帯。

古典的な空気がまったく感じられない、現代的なデザイン感性に満ちた西陣織と眼に映るかもしれません。キュビズム絵画の中に出来てきそうな花模様と柔らかな色彩に満ちています。
けれども、帯としての違和感も感じられません。そもそも、嫌な空気が感じられません。
独創的な花のデザインだけで構成されていますが、妙な衒いを想わせる訳でもありません。

観ていると、個性を伝えながらも、古典印象を否定する感じがありません。
鮮やかさや派手さはなくても、明るさと柔らかさ、そして、華やかさが伝わって来ます。 柔らかく眼に映るのは、こうした色彩バランスが整えられているからなのだと思います。

テーマとなっている花は、それぞれ、上下左右の対称系、つまり、円型を基本としてデザインで構成されています。また、よく観てみると、「家紋」がデザイン化された形をしている様に見えて来ます。それは背景として織り出されている「花」のデザイン模様=「花菱」も同じ効果として眼に映って来ます。
古典的な日本の文様を、巧妙にデザイン化して、現代的な色感性で彩られているのだと思います。

帯として違和感が感じられない訳や、嫌な空気が伝わって来ないのは、古典的文様がデザインの基本となっているからなのだと思います。

現代的な雰囲気をもった名古屋帯でありながらも、日本の古典美を尊重して制作された西陣織名古屋帯です。
色彩バランスは、着物との相性が配慮されています。また、着物を飾る華やかさをも備え、美的な感性の高さを表現してくれます。

魅力ある西陣織九寸名古屋帯です。


着物と帯のあわせ..
   
西陣織着尺(緯浮織:勝山健史)とあわせてみました。
明るい色彩と美しい絹織の艶感が着物あわせ/帯あわせのポイントとしてみました。
   
華飾り模様の小紋とあわせみました。古典印象から離れた華やかさを想わせる感じとなりました。

 
西陣織 花菱地紋入華文
花菱地紋入華文 九寸名古屋帯
西陣織 花菱地紋入華文
商品番号 nwk_60101
洛風林
西陣織九寸名古屋帯: 花菱地紋入華文
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります