トップページに戻る
サイトマップ

日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。

 

 Shopping-contents

 
西陣織名古屋帯タイトル
背景
丹波屋.名古屋帯タイトル
 
丹波屋丹波屋丹波屋

 
西陣織 手織九寸名古屋帯
クリミア飾華文(丹波屋)
 

きっと、"花のかたち"をデザイン化した文様だと思います。そして、その文様は、西陣織では、珍しくない"丸文様"に納められています。
こうした"丸文様"が整い揃えられたデザイン構成の帯は、きちんとした、余所行き感のある雰囲気を伝えている様に思います。

こちらに掲載をさせて頂いた帯ですが、西陣織として珍しくないデザイン構成で、きちんとした雰囲気をも伝えているかもしれませんが、この帯特有の存在感が色濃く感じられます。
西陣織のよくあるデザイン構成の中に、制作者特有の個性が違和感なく表現されているのだと思います。 西陣特有の余所行き感覚と制作者のデザイン感性が、バランスを保つことでこの帯の存在感をつくっているのです。

この西陣織の制作手法は、あまり、見掛けることはありません。
帯の"生地"を構成している部分...、白グレイ色の生地全体が、"色ムラ"をおびている様に、あるいは、"白"に、軽い灰色の霞みが掛かっている様に映っています。地紋としては映らない。やっぱり、かすかな色のムラなのか、それとも、軽い霞みとして映る。"白"と言う色彩が、やたらと豊かに感じられてくるのです。
これは、緯糸に紬糸と箔を織り混ぜて織り出しています。
"よくある西陣織"では、こうした手法は、"文様"を織り出す際に使われているだけで、生地を織り出す際には、使われることは殆どありません。
あえてこうした手間の掛かる手法を使っているのは....、"絹ビロード"と言う、やはり、他では見掛けない質感の緯糸で文様を織り出すため様です。
染色された絹ビロードは、真っ平ら感じの絹織の中では、際立ってしまいがちです。だから、生地にも趣向を凝らす訳です。

西陣織では珍しくはない丸文様も、絹ビロードで織り出された"花の丸文様"となると、西陣織としての"趣"というものが全然違って感じられます。

伝統的な"美意識"ではなくて、制作者の"美的な感性"を演出するための"趣"がある様です。
この帯に織り出された文様は、欧州あたりの文様デザインから写されている様です。そもそも、欧州の文様を西陣織で織り出す...、その空気感を伝えるには、こうした作為は必要だったのかもしれません。

"花の丸文様"は、きちんとした雰囲気を伝えるに理想的なデザイン構成で織り出されている訳ですが、この帯から伝わり感じられるのは"よくある西陣織"からはあまり感じられない空気なのです。絹ビロードとその彩色感性が、現代の織物感覚をつくっているのだと思います。

白グレイの生地は、"白"と言う色彩に奥行きを与えている様です。そして、絹ビロードで織り出された文様は、時代や文化を通り越した現代的な染色感性とデザイン性を伝えている様に感じられます。
古典的な意識から離れた制作者の美的な感性が伝わって来ます。
西陣織特有の余所行き感覚と独特の工芸的な感性が綺麗に相俟って感じられる帯です。

=対象のお着物=

無地織印象のお着物
御召
色無地のお着物
模様散らし小紋
等々

最下段画像では、本場黄八丈(山下芙美子)とあわせてみました。

制作:丹波屋

 
西陣織 丹波屋丹波屋西陣織 九寸名古屋帯
丹波屋 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯丹波屋 名古屋帯
丹波屋丹波屋丹波屋
西陣織 丹波屋丹波屋丹波屋
商品番号:nwk_60017
西陣織:手織九寸名古屋帯
クリミア飾華文(制作.丹波屋)
価格:200,000円(税別/お仕立代込み)
長さ:9尺8寸程/約4m以内(お仕立上がり)
素材:正絹100
ご注文方法はこちらをクリックして下さい。
御購入をご希望の際は以下のフォームよりご注文下さいます様、お願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります