トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

   
西陣織名古屋帯タイトル
背景
臥蝶華文
臥蝶華文.名古屋帯タイトル
 
 
臥蝶華文臥蝶華文臥蝶華文

 
洛風林:西陣織 九寸名古屋帯 帯地
臥蝶華文
 

臥蝶..、この"蝶が羽を広げて伏せている型"で向かい合っているその文様は、そもそも、有職文様の中でみられる文様です。
特に彩色が施されている訳でもないにもかかわらず、何となく、雅な感じが伝わって来る...、そして、品位を伴った佇まいが感じられるのは、この文様が、有職の類であるからなのかもしれません。
そして、それだけではない空気がこの西陣織にはある様です。

そもそも、有職文様、または、古来より伝わる伝統的な文様の多くには、和の文化特有の"空気"みたいなものが感じられる...、現代の文様やデザイン、海外のそれらとは、一線を画する空気感です。
そして、その"空気感"は、"私たち"に"ちょっとした"特別な感じ"を憶えさせるんですね。

こちらに掲載をさせて頂いた"臥蝶"の文様は、有職文様で見掛ける"丸文様"ではなくて、"花"の"かたち"を模した菱の"かたち"になっています。
また、その"菱"が大きく、そして、斜めに配されている...、丸文様にはない"この臥蝶文様"特有の趣のようなものが印象として残る。
もちろん、有職文様としての"特別な感じ"はあるんですが、有職文様そのものでは"あえて控え"られていたものを、この文様では"趣"として表現されている....、有職文様を"いじる"ことで遊んだ感じとしているのではありません。
"臥蝶文様"の雅な佇まいに、新たな美意識..、それも、"雅"の類いではない趣向性という美意識がこめられているようです。

菱の"かたち"をした"臥蝶文様"..、臥蝶華文。
少々、大きな文様となっているけれども、派手さや大胆な感じはない。むしろ、落ち着いている...、色のせいかもしれません。
青磁を想わせる青緑の色が背景となっていて、臥蝶文様が、浮き出て映る...、有職文様が、あえて、趣味的な図案として映る訳です。
"雅"で、"品位"を伴いながら..、この文様特有の美的な感覚を伝えてくれるんです。

よそ行きのお着物、少しだけ礼を意識させるお着物..、どこか"きちん"とした感じのあるお着物とあわせられると良いと思います。

制作:洛風林

 
西陣織 臥蝶華文臥蝶華文西陣織 九寸名古屋帯
臥蝶華文 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯西陣織 臥蝶華文臥蝶華文 九寸名古屋帯
臥蝶華文臥蝶華文臥蝶華文
西陣織 臥蝶華文臥蝶華文臥蝶華文
商品番号 nwk_60077
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:臥蝶華文
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります