トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

   
西陣織名古屋帯タイトル
背景
ヨーロッパ文.名古屋帯タイトル
 
 
洛風林:西陣織 九寸名古屋帯 帯地
 

ヨーロッパ文..、九寸名古屋帯として織られた西陣織です。
文様は、どうやら、ヨーロッパでつくられた文様が写されている様です。
地色は、黄色味をおびた薄ベージュ色。絹の艶が、とても綺麗に映る色加減です。

ところで、この"ヨーロッパ調"の文様は、生地として観ていると、日本的な文様ではありません。
「帯地である..、」と言う先入観がなければ、何を目的とした絹布であるかは分からないかもしれません。
ただ、絹の織物として落ち着いた気品と、趣、そして、この文様が生まれた文化の香りみたいたものは確実に感じられます。

この絹の織物ですが、確かに、生地としては日本的な織物として捉えることは難しいかもしれませんが、この絹織物を、帯のかたちに畳んでみると、「帯」としての存在感が出てくる..、西陣織としての"かたち"を実感することが出来るのです。
西陣織は、古来より、大陸や東南アジアから渡来した文様を、西陣織として取り込むことで日本の文様をつくって歴史があります。
西陣織は、日本の文様文化を象徴していると言えるかも知れません。

文様のデザインとしては、とても、整っているデザインです。
ヨーロッパ調の文様であって、日本的ではないからと言って、"遊んでいる"と言う感じは全然ありません。整っている、綺麗であると言った印象に加えて、格調も感じられます。

彩色印象が揃えられているため、賑やかな感じはありません。
無地印象の織物や染め小紋、江戸小紋、軽い印象の付下などとあわせて、お使いになると、それまでにはない着物の装いを楽しむことが出来るかと思います。

最下段画像では、極細の角通し(墨黒)江戸小紋とあわせました。
  硬い印象の角通し江戸小紋に柔らかさと趣味性を想わせる明るさが浮き上がってくる装いとなりました。

制作:洛風林

 
西陣織 名古屋帯
西陣織 九寸名古屋帯
西陣織 九寸名古屋帯
商品番号 nwk60821
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:ヨーロッパ文
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。



このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります