トップページに戻る
サイトマップ

日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。

 

 Shopping-contents

   
西陣織名古屋帯タイトル
背景
花唐草.名古屋帯タイトル
 
 

 
洛風林:西陣織 九寸名古屋帯
 

花の模様が織り出された西陣織名古屋帯..。
何の花を描いたのか想い付かない程にデフォルメされている..、この模様図案なんですが、現実の「花」をみて、自身の印象を加えて描き上げたのかもしれないし、また、描かれた、もしくは、どこかに残された図案や絵画を、手本に描かれたのかもしれない..、ただ、この帯地に、織り出されている「いま」となっては、この「花」が何であるのかと言うよりも、この織物の中に、織り出されている「この姿」が、とても「いい感じ」で馴染んでいるようです。

そして、奇を衒った感じと言うよりも、趣味を真っ直ぐに表現された織物という存在感を伝えている様です。

この帯地なんですが、眼に留まりやすい印象もあるかもしれません..、けれども、使われている彩色は、僅かな程度です。明るい黄色の地色の中に、「花の図案」が、唐草の如く織り出されている。
「花」は幾重に咲いていて..、蕾もあり、実のようなものも付けている..、この図案には躍動感みたいなものがあるようですね。だから、彩色が、限られているにもかかわらず..、綺麗な印象を伝えている。
眼に留まりやすい..、と言うよりも、むしろ、観ている人の美的な感性に違和感なく入り込んでくる..、そんな印象のある西陣織なんだと思います。
これも、制作者(西陣織)の巧さ、巧みさななのかもしれません。

帯地としては..、、趣味性を伝える感じの帯ではあるんですが、綺麗で、整った空気があるため、砕けた(カジュアル)感じがある帯ではありません。
着物の後ろ姿が、ちょっと趣向的、軽い装飾性を伝え、且つ、綺麗な感じとなるかと思います。


下段画像では、欧州模様の小紋とあわせてみました。
最下段画像では、明るいイメージの草木染め手織紬(士乎路紬)とあわせみました。
 
西陣織 九寸名古屋帯
西陣織 花唐草
商品番号 nwk_60887
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:花唐草
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

西陣織 九寸名古屋帯
 

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.


創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります