トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

 
西陣織名古屋帯タイトル
背景
太子間道.名古屋帯タイトル
 
 
太子間道太子間道太子間道

 
西陣織 九寸名古屋帯 帯地
太子間道
制作:洛風林
 

色印象、そして、柄模様が、とても印象的な西陣織の織物です。
西陣織には、あまり見掛けない彩色かもしれません...、地色は、"橡(つるばみ)"、織り出された色は、灰色を背景として"赤み"をおびた色、そして、僅かに"黄"掛かった色が使われています。
帯地として制作されているんですが、"織物作品"としてだけ見ても、十分に鑑賞することが出来そうです。

この織物は、法隆寺の宝物として伝わる太子間道"を写した織物です。
"太子間道"は、時代を経た後、文化人たちに写されて、様々な"かたち"の"太子間道"が生まれ、また、名物裂と称される織物のひとつにもなった織物。
"法隆寺宝物の太子間道""をみても、何か具体的な"柄模様"が織り出されている訳ではない...、それにも関わらず、とても強く惹き付けるものがあるんですね。単純な絣織がつくる曲線と彩色のバランスが、何処の世界、どの文化にもない唯一の美的な感覚を伝えているんです。
だから、様々な時代の文化人が惹かれ、写すことで自身の"太子間道"がつくられたんだと思います。

この"太子間道"も、どこにもない織物感覚があると思います。
手本となった織物は、"法隆寺宝物のあの太子間道"であるかもしれないけれど、この太子間道にも、独創的な美的な感性があるようです。

織り出された"色"と"柄模様"は、とても曖昧で、はっきりとした"かたち"として映っている訳ではないけれど...、眼にしていると美しいものを求める意識のようなものが伝わってくる様なんですね。
文化的な意識が感情に溶け込むことで、こうした"織物"がつくられたのかもしれない。
綿密な思考の中でつくられたという感じがない...、しかし、感性的な印象、それも激しい感性を想像するかもしれないけれど、どこかきちんとしている感じがあるし、何かが整っている感じがある。
"法隆寺宝物の太子間道"を、単純に写そうと図ったのではなくて、その美的な空気感を写し取ろうとしていたのかもしれない。

西陣織にはあまり見掛けない感じの織物です。
古い感じの織物なのか、それとも、新しい感じの織物なのか..、時代とか趣向がはっきりとしないかもしれない。また、礼装を意識しているなどとは言えないかもしれない。
けれども、整った感じ、とても丁寧に手掛けられた感じがある。綺麗で、また、どこか知性のような感覚が伝わって来るんですね。
"かたち"がはっきりしないにも関わらず、こうした感じを憶えることは珍しいかも知れない。

"法隆寺宝物の太子間道"を写した西陣織九寸名古屋帯。
他にはない印象、また、趣向の帯かもしれませんが、美的な空気や何かが整った感じが伝わって来ます。もしかすると、眼にしている以上に、気品を備えているのかもしれません。

 
西陣織 太子間道太子間道西陣織 九寸名古屋帯
太子間道 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯西陣織 太子間道太子間道 九寸名古屋帯
太子間道太子間道太子間道
西陣織 太子間道太子間道太子間道
商品番号 nwk_60913
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:太子間道
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります