トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、正倉院襷文として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

   
西陣織袋帯.タイトル
背景
正倉院襷文.タイトル
 
 洛風林洛風林洛風林
正倉院襷文洛風林洛風林
洛風林正倉院襷文洛風林
 
西陣織 袋帯
洛風林:正倉院襷文
 

この袋帯には、正倉院に伝わる絹織物..、「錦几褥(にしきのつくえのじょく)」との銘が付けられた敷布の文様の一部から写された文様が織り出されています。
オリジナルの文様は、およそ1200年前に図案化された文様となる筈です。
また、その絹織物は、おそらく日本でつくられた織物ではなくて、大陸より渡来した織物、そして、その当時最高品質の織物であったため、宝物として正倉院に納められたのだと思います。 つまり、この文様は、1200年前に、最先端のデザイン性を備えた文様とも捉えることが出来ると思います。

この文様は、そもそも"花"がデザイン化された文様なのかもしれませんが、デザイン化されたこの文様は、もはや"花"ではなく、巧妙なデザインとしての存在感を漂わせている様に映ります。
1200年前のデザインとして、古臭いと言う印象は伝わっては来ません。
程々にシンプルな印象があって、このデザインの趣向が伝わってくる予感を憶えます。
そもそも敷布の一部に使われている文様のためでしょうか、緊張感ある格調よりも、装飾的で、豊かなデザイン性が感じられます。
"古典的文様デザイン"と言う印象がなく、"現代のデザイン"としても観ることが出来ると思います。天平時代にこうした"文様デザイン"が完成されていたことを鑑みると、遙か古の図案師の美意識と感性の高さに驚嘆を憶えます。

この西陣織/袋帯は、礼を意識したお着物に格調を高めると言うよりも、むしろ着物に装飾的な感覚を香らせてくれると思います。 もちろん、この高貴な装飾性は、品位と優美さを忘れてはいません。
この袋帯は、着物に、品位を伴った感性豊かな趣を演出してくれます。

この西陣織袋帯は、帯地工芸洛風林が制作した作品です。
先にご紹介を致しました「正倉院宝物:錦几褥」より文様を写し、洛風林独自の彩色で織り上げられています。
そもそも、正倉院に伝わる宝物に施されている文様は、不思議なくらい着物に馴染むことが多いのですが、この袋帯は、洛風林の美的感覚を想わせる彩色の美しさを楽しむ事が出来ます。


=お茶席.花展.宴.等々.余所行き以上のお着物=

 
西陣織 洛風林洛風林西陣織 正倉院襷文
洛風林 正倉院襷文西陣織 正倉院襷文西陣織 洛風林
洛風林洛風林洛風林
西陣織 洛風林洛風林洛風林
商品番号 nkf_61001
西陣織 袋帯
価格 350,000円(お仕立代込み/税別)
(お仕立ては、国内の専門和裁職人が手掛ける手縫い仕立てです)
長さ:1丈1尺5寸程(約4.4m前後)
正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります