トップページに戻る
サイトマップ
小紋ほど着物の中でイメージが多様な着物はないと思います。織の着物に準じるカ程のカジュアルな小紋から、「礼」を想わせる準フォーマル的な小紋。でも、訪問着にはない「気軽さ」、織の着物にはない「柔らかな」イメージが小紋の魅力ではないでしょうか?
 

 Shopping-contents

   
小紋染めの着物.タイトル
背景画像
色紙重ね模様散らし タイトル
 
 
小紋染め着尺:色紙重ね散らし
 

落ち着いた地色の中に散りばめられているのは"色紙"の様です。
色紙と言っても、こっくりとした色が付けられて金彩で模様が付けられています。この金彩は、まるで截金細工の様です。
截金(きりがね)とは金箔・銀箔・プラチナ箔を数枚焼き合わせ細く直線状に切ったものを、筆と接着剤を用いて貼ることによって柄模様を表現する伝統技法です。仏像や美術工芸品の装飾として、古より伝承されて来た技法です。
そして、色紙にも截金細工は施されています。和歌や文が綴られた色紙の装飾として截金細工は施されています。

この小紋は、そんな截金細工が施された色紙を、短冊のよう切り出し、重ねる事で柄模様にしているのです。
そして、凜とした、ただ何も染め描かれなければ冷たいだけの色の中に、この"色紙重ね"に施された彩色と截金は、雅な空気感を演出しています。着物として、とてもきちんとしていて、温かみと品位を伝える装いとなります。

柄模様が散りばめられた着物(小紋)は、珍しくはありませんが、このお着物の様な、雅な香りが漂っていて、かつ、凜とした雰囲気をも感じさせる着物は多くはありません。むしろ、柄模様が少なく、デリケートな色加減が求められる染めのお着物は、上質な染めを手掛けている職人でなくてつくれないものです。


このお着物ですが、西陣織名古屋帯とあわせてみました。
上段画像では丹波屋の名古屋帯とあわせています。
この名古屋帯は緯糸に箔が使われ、文様にはシルクモールが織り込まれています。西陣としては珍しいかも知れませんが古くからある技法です。ただ、素材感と帯としての雰囲気が、豪華な装飾性よりも、着物と同様に、どこか雅な空気を演出している感じが伝わってきます。

下段画像では洛風林制作名古屋帯とあわせてみました。
ほぼ"白"と"金"だけで織り出された雷文の名古屋帯です。
この雲の図案ですが、どこかユーモラスな感じを伝える一方で、"金"と"白"、そして、絹織の質感が、趣向と同時に、かすかに張り詰めた空気をも伝えています。こうした、趣向ときちんと感のある帯は、やはり、このお着物の雰囲気と重なるところがあります。
ちょっと、古典な雰囲気が求められる場所でもお召し頂ける「着物あわせ」となります。

*ここでは西陣織名古屋帯とあわせてみましたが、趣感のある軽い袋帯や、余所行き感のある手描き友禅とあわせること出来ます。

*地色は緑を感じさせる薄グレイ色です。透明感のある極薄色。

 
商品番号:ckj_20161
京染め小紋:色紙重ね模様散らし
価格:294,700円(袷/お仕立代込み/税別)
巾 : 1尺保証(約38cm)
総丈:3丈3尺(約12.5m)以上
お仕立寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより、ご注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります