トップページに戻る
サイトマップ
小紋ほど着物の中でイメージが多様な着物はないと思います。織の着物に準じるカ程のカジュアルな小紋から、「礼」を想わせる準フォーマル的な小紋。でも、訪問着にはない「気軽さ」、織の着物にはない「柔らかな」イメージが小紋の魅力ではないでしょうか?
 

 Shopping-contents

   
小紋染めの着物.タイトル
背景画像
菊華文様散らし タイトル
 
 
小紋染め着尺:菊華文様散らし
 

赤みを控えた"紫"を想わせる深い彩色の中に散らされた文様は...、菊の家紋を組み合わせた丸紋は、この彩色と相俟って品格が感じられ、余所行き感覚が漂う雰囲気となっています。

菊の家紋だけではなくて、「菊」と言う花のかたちを図案文様とすると、何となく「凜」とした空気感..、日本的で、清らかな空気感が感じられるかと思います。
お堅い雰囲気を控えて、「遊んだ」感じをもって、図案を興したり、彩色に手を加えたとしても...、「菊」の文様は、いつも、何かが整った感じを伝えるんですね。

深い紫を想わせる奥行きある地色です。
落ち着いていて、浮ついた感じの色ではありませんが、黒色一色に比べると、ちょっと甘い印象が残ります。染めのお着物で、黒地という彩色は、黙っていても、ちょっと余所行き感覚が出てくるようです。
色として濃度の高い色の中で、黒から少しだけ離れた彩色を巧く染め出すことで、着物の印象は、黒に対して甘くなるんですね。
黒に対して甘くなる..、余所行き感覚とか、礼装感覚みたいなものが、黒から甘くなる分だけ、控えられるんですね。着物として、余所行き感覚を持ちながらも、ちょっと「個性」を伝えるという感じです。

こちらのお着物なんですが、帯を選び、変えて行くことで..、お着物の印象、ちょっと甘い感じの「余所行き感覚」を残しつつ、「お遊び心」や、「きちんと感覚」と言った着物の趣向を楽しむことが出来ます。

季節の染め帯..、有職文様の西陣織..、遊び感覚のある西陣織袋帯..、お出掛けされる場所に応じて、帯を替えてお楽しみ頂けます。
余所行き感覚がありながらも都合の良いお着物となる筈です。

*上段画像では手描き友禅染め帯(塩瀬)とあわせてみました。
雅な雰囲気が香って来そうな上品な装いとなります。

*下段画像では、勝山健史制作の九寸名古屋帯とあわせてみました。
軽い緊張感のある着物と帯のあわせとなりました。
古典でありながらも都会的なイメージが伝わって来ます。

 

商品番号:ckj_20011
京染め小紋:菊華文様散らし
価格:244,700円(袷/お仕立代込み/税別)
巾 : 1尺保証(約38cm)
総丈:3丈3尺(約12.5m)以上
お仕立寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより、ご注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります