トップページに戻る
サイトマップ

ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。

 

 Shopping-contents

 
染色工芸帯地 タイトル
背景
城間栄順:琉球本紅型九寸名古屋帯.タイトル
 
本紅型 芭蕉と花笠蝶本紅型 芭蕉と花笠蝶本紅型 芭蕉と花笠蝶

城間栄順 九寸名古屋帯城間栄順 九寸名古屋帯
 
琉球本紅型九寸名古屋帯(赤城紬)
制作:城間栄順
芭蕉と花笠蝶
 

城間栄順制作の本紅型九寸名古屋帯。

芭蕉の葉と葵の葉、そして、蝶と花笠が、藍色濃淡だけで染め描かれています。和装文化にはない図案と色彩感性を伝えています。

現在の琉球本紅型は、紅型の染色作家自身が描いた図案を基に制作される事が多い様です。
そのため、現代紅型作家の作品には、伝統的な琉球紅型を基にしながらも、制作者の美意識が展開されている様に感じられる事があります。

こちらに掲載をさせて頂いた作品は、紅型の宗家.城間栄順氏が制作した作品ですが、この図案そのものは栄順氏が描いた図案ではありません。
この"芭蕉と花笠蝶"と称されている図案は、紅型が"和装"としての着物や帯に染められる遙か以前より、琉球染色文化の中にあった図案なのです。
伝統的な琉球紅型の"型"..、所謂、古代琉球紅型とされる"型"です。
誰が制作したは分からないけれど、現代の琉球本紅型の礎となった図案のひとつである事は間違いないと思います。
一方で、栄順氏の尊父で、紅型の中興の祖と評される城間栄喜氏が自身の「琉球紅型作品集」を出版する際に、この図案を代表作品のひとつとして掲載させています。

芭蕉の葉を背景に踊り舞っているかの様に"花笠"と"蝶"が並び揃えられています。素性の違うものが一緒に描かれている筈なのに違和感が感じられない。様々な文化を受け入れて来た琉球文化の中で生まれた紅型らしさなのかもしれません。
また、この古代琉球紅型は、琉球紅型の美意識と琉球文化を象徴しているのだと思います。

紅型の宗家城間栄順が、あえて古代琉球紅型を染めています。
"藍"の色も南国を想わせる美しく、そして、艶のある藍色です。
個性のある図案でありながらも、強い主張を思わせるところがない。藍色のバランスが、巧みに図案に馴染んでいるのだと思います。
琉球の空気が心地良い程度に伝わってくる紅型作品です。

*下段画像では、草木染め手織真綿紬(士乎路紬)とあわせみました。
*赤城紬に染められています。
*お太鼓のタレはお仕立て次第で、柄模様を出す事も、無地にすることも出来ます。

袷からお単衣の時季までお使い頂けます。

 
本紅型 芭蕉と花笠蝶本紅型 芭蕉と花笠蝶本紅型 芭蕉と花笠蝶
本紅型 芭蕉と花笠蝶城間栄順 九寸名古屋帯城間栄順 九寸名古屋帯
商品番号:rkgo39217
琉球本紅型九寸名古屋帯
制作:城間栄順
価格:320,000円(お仕立代込み/税別)
長さ9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)
絹織紬:100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります