トップページに戻る
サイトマップ

ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。

 

 Shopping-contents

 
染色工芸帯地 タイトル
背景
読谷山花織九寸名古屋帯.タイトル
 
読谷山花織九寸名古屋帯 池原ケイ子読谷山花織九寸名古屋帯 池原ケイ子読谷山花織九寸名古屋帯 池原ケイ子
池原ケイ子 九寸名古屋帯池原ケイ子 九寸名古屋帯
 
読谷山花織九寸名古屋帯(琉球藍)
制作:池原ケイ子(沖縄県重要無形文化財保持者)
 

この花織の制作者.池原ケイ子氏は、読谷山花織で人間国宝に指定された與那嶺貞(故人)氏と共に読谷山花織を学び、制作をされていた染織家です。(沖縄県重要無形文化財保持者認定)

作品については、読谷山花織が琉球衣裳として制作されていた頃の作品性を想わせてくれます。そして、糸染めには、伝統に倣い草木染めが施され、織り出された花織は、伝統的な柄模様が繰り替えし織り出されています。

こちらに掲載をさせて頂いている作品には、ジンバナ(銭花)と呼ばれる読谷山の伝統的な花織文様が独創的に組み合わせています。
琉球藍に草木染めされたジンバナの花織が織り出されているこの帯地は、古典的な読谷山花織の典型なのかもしれません。

もしかすると、とても単調な花織として映るかもしれませんが、何かが欠けていると言う印象もありません。むしろ、織物のデザインとして色彩と空間が綺麗に整っています。
そして、この読谷山花織を眼に映していると、よくある読谷山花織として印象を超えて、東南アジアの空気をも感じられて来ます。特に、琉球藍と花織の柄模様がつくるコントラストは、東南アジアの織物感覚として感じられます。
そもそも、読谷山花織が東南アジアと日本を結ぶ交易地の織物であることが、この作品から読み取ることが出来るのです。

古典的な読谷山花織でありながらも、民芸的に偏ることもないし、古く感じられることもありません。むしろ、単調な構成ながらも、読谷山花織の本来の存在感を伝えている作品だと思います。

袷からお単衣の時季までお使い頂けます。
*最下段画像では、草木染め手織紬(みさやま紬/蘇芳と栗)とあわせてみました。

 
読谷山花織九寸名古屋帯 池原ケイ子読谷山花織九寸名古屋帯 池原ケイ子読谷山花織九寸名古屋帯 池原ケイ子
読谷山花織九寸名古屋帯 池原ケイ子池原ケイ子 九寸名古屋帯池原ケイ子 九寸名古屋帯
商品番号:rkgo_39313
読谷山花織九寸名古屋帯
制作:池原ケイ子(沖縄県重要無形文化財保持者)
価格:260,000円(お仕立代込み/税別)
長さ9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)
絹織紬:100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります