トップページに戻る
サイトマップ

ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。

 

 Shopping-contents

 
夏季と単衣.染め名古屋帯 タイトル
背景
宮古上布帯地.タイトル
 
宮古上布 新里玲子宮古上布 新里玲子宮古上布 新里玲子
宮古上布 九寸名古屋帯宮古上布 九寸名古屋帯
 
宮古上布/九寸名古屋帯
制作:新里玲子
 

何から何まで..、一反の織物をひとの手によって織り上げること、それは自然と素直に向き合うことでものかもしれません。
糸をつくることからは始まり、糸を天然染料にて染色を施し、そして、織り出して行く。
織り出された織物を眼にすると、それは完成品/織り上がった織物には、掛けられた手間と手掛けた制作者の美意識が、ごく自然に感じられるものです。

しかし、原材料だけを眼にすると..、それらは絹織物であれば繭であったり、麻織物であれば苧麻であったり、そして、染料は草木であったりするのです。
"かたち"になっていないものは、およそ織物にはほど遠い存在である様に思えてしまう..。それらは、すべて自然に、あるがままに近いものであるのです。
織物として「美しい」と感じられるものとすること、「"もの"以上の何か」を感じさせるものすることには、自然にあるがままのものを、ひとに手に依って変えて行かなくてはいけない様なのです。
変えて行くことは、単純にと言うか、強引に変えるのではなくて、自然にあるが姿に宿っていた「もの」..、繭や苧麻、草木が保っていた生命感や脈動の様なものを損なうことなく、姿だけをひとの手によって変えて行くのです。
そのため、手掛ける者は、原材料とされる自然にあるがままのものに理解を得ている必要があるのです。


手績みの麻織物の制作を思うためには、それが極上の麻織物とするには、適切な環境にて育った苧麻が必要となります。
化学肥料などのよらない、また、適切なる天候の中で育った苧麻を求めるのです。そして、刈り取った苧麻の中でも、更に選定が施されて、それを髪の毛より細い糸に績んで行くのです。
この時、績まれた苧麻、染色を施される前の苧麻は、麻と言うにはあまりに美しいものです。合理的な生産手法では決して感じられない美しさがあります。
もちろん、この仕事は極めて困難な仕事でもあるのですが、自然を活かすことで得られる美しさなのです。また、反対に言えば、自然に抗うことでは決して得られる美しさではないと思います。

自然の保つ質感は、実は、極めて強く、そして、深いものの様です。直感的に「美しい」と感じられる「もの/苧麻糸」を制作するには、自然に従い、自然を理解して得られるのですから。

草木をはじめとした天然染料による染色も同様です。
自然にある草木を理解しなくては、ひとが想う色をみせてくれないのです。適切なる季節に得た草木..、草木であれば何時でも良いという訳ではないのです。
草木染めの織物..、自然のあるがままの素材を活かし織物とすることは、自然に向き合い、従い、理解することが必要なのです。

こちらに掲載をさせて頂いたの染織家新里玲子(日本伝統工芸会会員)氏が手掛けた宮古上布の九寸名古屋帯。この染織家は、最高の苧麻糸だけを選定し、草木染めを施し、且つ、琉球染織の麻織物としての宮古上布を創作されています。

こちらの作品ですが、平たく申し上げると、褐色が印象的な作品と表現出来るかと思います。でも、眼にしていると色が生きているかの如くに綺麗なのです。褐色と言う色が美しいのではないと思います。
この織物の色が綺麗な印象を眼に、意識に伝えてくれるのだと思います。
麻に糸を染めること..、通常、綺麗に染められるものではない筈です。にもかかわらず、魅力的な色となって眼に映るのは、素材である苧麻糸の質と染色を施す制作者の理解があるからなのです。
褐色は木麻黄によって染められた色です。まるで苧麻糸の芯まで染色が施され、そもそも、この苧麻糸が褐色であったかの様に、色に脈動を想わせてくれています。
この織物に織り出された縞織り如き絣文様。
これは、ある意味この染織家特有の絣文様を想わせ、また、よく見ると、伝統的琉球染織の絣文様である"クワァンカキー"でもあるのです。
また、絣文様に、まるで擦り込ませる様にして藍で染色された糸を織り込んでいます。遠目からみても具体的なは眼に留まらないかも知れませんが、この藍が織り込まれることで織と絣の陰影が浮き出て来るのです。
伝統的と言う枠組みでは収まらない染織家としての美意識がこうした作為をなすのだと思う。

この作品なんですが、少々特別なのです。
新里玲子氏が手掛ける宮古上布帯地の中でも、特に繊細で上質な苧麻糸が使われ、かつ、帯地総丈にわたり絣文様が施されているのです。
恐らくは、苧麻糸が特別に上質..、良かったのだと思います。だから、特に手を掛けた作品となったのだと思います。

この宮古上布の帯地ですが、良くある苧麻の織物ではありません。褐色だけに留まる織物ではありません。
宮古島の自然と向き合いながらも、制作者自身の想いが織物となった染織作品なのです。

 
宮古上布 新里玲子宮古上布 新里玲子宮古上布 新里玲子
宮古上布 新里玲子宮古上布 九寸名古屋帯宮古上布 九寸名古屋帯
商品番号 rkgo_39461
宮古上布.九寸名古屋帯
新里玲子.制作
価格 560,000円(お仕立て代金込み/税別)
長さ:9尺6寸程(約3.6m)
経糸:手績み苧麻糸
緯糸:手績み苧麻糸
染色:草木染め
ご注文方法はこちらをクリックして下さい。
御購入をご希望の際は以下のフォームよりご注文下さいます様、お願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります