トップページに戻る
サイトマップ
織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。
 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
夏久米島 タイトル
 
夏久米島夏久米島草木染め手織紬
琉球椎 手織紬夏久米島琉球椎 無地織
草木染め手織 夏久米島
 
草木染め手織紬:夏久米島.無地織
使用草木:琉球椎
単衣のお召し物
 

こちらに掲載をさせて頂いた織物は、本場久米島紬を"単衣"と"夏季"に向けて制作された夏織物です。 そもそも本場久米島紬は、久米島..、東シナ海に位置する南の島で誂えられた草木染め手織紬です。その制作手法の殆どは、古来より伝わる作業と変わりはありません。
織糸は、久米島に自生する植物より糸染めが施され、久米島の中だけで手織によって制作されています。 その為、本場久米島紬には、何となく制作に関わった「ひと」の影/痕が感じられるのです。
久米島という南国の孤島の空気..、その土地特有の手仕事感覚が伝わってくる織物です。

そして、こちらにて掲載をさせて頂いた本場久米島紬は、夏季..、お単衣と夏を意識して誂えられた織物なのです。
一般的な、本場久米島紬は「真綿糸」を用いた"袷"を予定した真綿紬に対して、こちらの織物は、空気の流れを織物に取り込むべく、真綿糸に代えて撚糸が込まれています。
撚りが掛けられた緯糸が使われることで、柔らかく、かつ、さらっとした夏季特有の質感を感じさせてくれる素材感が特徴です。

特に、こちらの夏久米島は、琉球椎で糸染めされています。
"きなり"の無地織として映るかと思います。
こうした淡い色加減の無地織の紬は、どちらかと言うと、あえて色加減が控えられていると言う印象があると思います。
けれども、こちらの夏久米島の"きなり"は、"色の気配"が感じられるのです。
"淡い、薄めの色加減"なんですが、何となく眼に映る以上の"色の気配"が伝わって来る予感がある...、これは、天然染料である"島の琉球椎"で織糸が染められ、手織で織り上げられることで生まれる"色"と"織"の"表情"なんだと思います。

普通なら..、真っ平らで、これと言って特徴が感じられない織物になってしまうかもしれません。しかし、久米島紬ならではの空気感が、草木染めで得られた"色の気配"を伝える無地織を実現しているのです。

夏の空気を爽やかに感じさせる質感があって、お単衣.夏季をお楽しみ頂くための垢抜けした薄絹織のお着物となります。
手描き友禅の染め帯から生紬の帯地、麻織/上布の帯地など...、幅広く帯適わせをお楽しみ頂けるかと思います。

 

商品番号:rkyj398417
夏久米島:無地織
価格:294,500円(お単衣.お仕立て代込み/税別)
巾 : 1尺保証(約38cm)
総丈:3丈3尺(約12.5m)以上
絹:100%
草木染め:琉球椎
お仕立寸法・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お仕立てには衿裏代と居敷当代が含まれています。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより、ご注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります