トップページに戻る
サイトマップ

織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。

 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
琉球かすり タイトル
 
琉球かすり 手縞
琉球かすり 手縞
琉球かすり 手縞
 
手織紬織物:南風原琉球絣
 

琉球絣は沖縄本島の南風原(はえばる)町で制作されている手織紬です。

この沖縄に伝わる絣織物は、日本の絣文化の源流と捉えられています。そもそも、絣は、インドを発祥として、東南アジアを経由して、交易地であった琉球王国に伝わったと言われています。
そして、それ以降、数百年掛けて、琉球の風土/文化に馴染んだ絣織物として現在の「琉球絣」の"かたち"となって行った訳です。
琉球絣が、米沢紬の絣模様や本場結城紬の絵絣とは違う、どこかイカット的な空気を伝えるのは、「南国の織物だから」と言うよりも、そもそもの歴史が物語っているのかもしれません。
ですから、南風原で制作される琉球絣は、絣織物にありがちな民芸的な空気よりも、沖縄..、琉球の空気が色濃く感じられます。

こちらに掲載をさせて頂いた琉球絣は、伝統的な琉球絣(縞の中に絣が織り出されている=「綾の中」/アヤヌナーカー)を踏襲しながらも、この織人特有の織のセンスが巧みに表現されています。

細かく織り出された絣模様と縞織が相俟った「綾の中」の様相は、さながら音楽を奏でるための譜面のようにも感じ伝わって来ます。 それは、もしかすると、古い琉球民謡の様な単調かも知れないけれど、ちょっと詠嘆的な響きを伝える音楽かもしれません。

絣模様は、複雑な訳でもありません。どこにでもある伝統的な絣模様と縞織が施された「綾の中」の琉球絣です。けれども、落ち着いた紫色の中に織り出された絣は、音を響かせるかの様に煌めきながら並べられる様に織り出されているのです。ただそれだけで..、民芸的な絣の着物から、美的な感性に満ちた手織紬印象となる様です。
伝統的な琉球絣でありながらも、現代的な雰囲気を想わせる手織紬のお着物です。


着物と帯のあわせ..
   
上段画像では生紬更紗染め帯とあわせました。
絣の着物と更紗帯は不思議な程に馴染んでくれます。 
   
下段画像では網代織手織紬九寸名古屋帯とあわせました。
墨色とグレイ色を網代織で組み合わせる事で表現されたこの帯の存在感は、色印象豊かなこの絣の紬織を、上質の普段着感覚にまで押し上げてくれる筈です。

 
琉球かすり 手縞
商品番号:rtkj_39989
手織紬織物:南風原琉球絣
絹100%
価格:207,000円(袷.お仕立代込み/税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
*琉球絣×網代織吉野格子帯(制作:杉浦晶子)
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります