トップページに戻る
サイトマップ

織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。

 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
琉球かすり タイトル
 
 
手織紬織物:南風原琉球絣
 

琉球絣は沖縄本島の南風原(はえばる)町で制作されている手織紬です。

この沖縄に伝わる絣織物は、日本の絣文化の源流と捉えられています。そもそも、絣は、インドを発祥として、東南アジアを経由して、交易地であった琉球王国に伝わったと言われています。
そして、それ以降、数百年掛けて、琉球の風土/文化に馴染んだ絣織物として現在の「琉球絣」の"かたち"となって行った訳です。
琉球絣が、米沢紬の絣模様や本場結城紬の絵絣とは違う、どこかイカット的な空気を伝えるのは、「南国の織物だから」と言うよりも、そもそもの歴史が物語っているのかもしれません。
ですから、南風原で制作される琉球絣は、絣織物にありがちな民芸的な空気よりも、沖縄..、琉球の空気が色濃く感じられます。

こちらに掲載をさせて頂いた琉球絣は、"赤み"掛かった黄色と格子と緯絣で構成されています。
この琉球絣は、よくある"格子"の織物とは違います。
格子を構成する経縞と緯縞の接点に、"絣"が入れられています。つまり、格子特有の"角"がない。
格子の"角"に絣を入れる様な、手の込んだ織物は、見掛けることは少ないかも知れません。"角"云々よりも、まずは"縞"が目立つ訳ですから、面倒な"絣"は要らないと思われるかもしれません。
けれども、南風原は"絣織の里"という誇りがある様なのです。あえて、面倒な"絣"を入れることで、"琉球かすり"らしさを表現しているのです。

この織物なんですが、沖縄らしい南国特有の"色"でつくられています。
そして、その南国の色の中で、格子(破れ格子)と緯絣が、とてもリズミカルな構成で織り出されています。手織ですから当たり前かもしれませんが、絣の感じが微妙に違う為なのか、眼で追っていると自然のリズムが聞こえてきそうなイメージが残るのです。
細かな緯絣と、数多くの格子印象が構成する織物なんですが、雑然とした感じはなく、心地良い南国的な空気が伝わる手織紬です。

*帯あわせですが、この着物の小絣にあわせて細かい図案でつくられた琉球本紅型(城間栄順制作)とあわせてみました。藍一色で、沖縄伝統の"サバニ舟"が描かれた紅型をあわせることで、南国的なイメージと、すっきりとした意識してみました。

 

商品番号:rtkj_39937
手織紬織物:南風原琉球絣
絹100%
価格:198,000円(袷.お仕立代込み/税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
*琉球かすり×琉球本紅型九寸名古屋帯(城間栄順)
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります