トップページに戻る
サイトマップ
"夏の着物"を掲載致しております。麻織のお着物、絽小紋/生紬のお着物、絽のお着物...、街着としてお着物から余所行き/礼を意識したお着物。そして、趣向性を漂わせる上布などを掲載致しております。
夏の余所行き着物としてお召し頂けます。
 

 Shopping-contents

 
単衣と夏季お着物.タイトル
背景画像
麻織物 タイトル
 

 
石川県指定無形文化財
手織麻織物:能登上布/絣織
 

こちらに掲載をさせて頂いた織物は、能登上布。
手織の麻織物です。

盛夏の麻織特有の"きなり"に、小絣が織り出されています。
よく見ると..、"小絣"が織りされている箇所には、"縞"が織り込まれているます。"きなり"に対して、僅かに"赤み"をおびた"色"が入れられている。
"赤み"は、この麻織物のちょっとした"色の気配"を伝えているようです。

結局は、「縞織に小絣」なる織物なのかもしれないけれど、"絣"..、または"縞織"などのちょっと普段着感覚を伝える印象は、あまりないかもしれません。

"小絣"は、そのどれも、ほぼ同じ大きさであるし、単調でもある...、けれども、整然と並べられていて、眼にしていると、心地の良い"リズム感"をが伝わって来そうなんですね。
そして、"色の気配"を想わせる縞織は、光加減によって、織物に奥行きをつくっているようです。
並べられた"小絣"が伝える"リズム"のような感覚と、光の加減で色気配を変え、生まれる奥行きが相俟って、音楽を想わせる雰囲気がある様に想える。
そして、その音楽は、伝統的な織物から感じられるに関わらず、古臭い感じの音楽ではない..、自然の中で、響く音色に近い様に感じられるけれど、どこか"現代"を想わせる透き通った音色を想わせる。

能登上布は、伝統的な織物であるけれど、現代の装いを意識した創意を想わせる織物でもあるのです。 絣織、縞織でありながらも、民芸的な感覚よりも、むしろ、垢抜けした印象を伝えているます。

 

商品番号:kstg59009
石川県指定無形文化財.能登上布
手織麻織物
麻:100%
丈 : 3丈3尺程(約12.5m)
巾 : 1尺3分程度(約39cm)  
価格:362,000円(お仕立代込み/税別)
麻絽織の居敷当と衿裏が付きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お仕立て上がり価格(衿裏と居敷当付き)です。
寸法やお仕立に付いての詳細なご案内は、ご注文後に弊店より送信させて頂く<ご注文内容のご確認メール>の中でお知らせをさせて頂きます。
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります