トップページに戻る
サイトマップ
"夏の着物"を掲載致しております。麻織のお着物、絽小紋/生紬のお着物、絽のお着物...、街着としてお着物から余所行き/礼を意識したお着物。そして、趣向性を漂わせる上布などを掲載致しております。
夏の余所行き着物としてお召し頂けます。
 

 Shopping-contents

 
単衣と夏季お着物.タイトル
背景画像
麻織物 タイトル
 

 
石川県指定無形文化財
手織麻織物:能登上布/多彩縞
 

石川県の能登で織られている麻織物..、能登上布は、かつて献納布であり、かつ石川県の無形文化財に指定された手織/麻織物でながらも、現在は一軒の機屋/山崎仁一氏の工房だけとなっています。

能登の麻織機屋は、麻織物以外織ることはなかったようです。
夏の織物として、能登上布なる麻織物を制作し、夏以外の織物として綿織物や絹織物の制作を手掛けることは一切なかったのです。
ただ、ひたすらに麻織物だけを手掛け続けて来た訳です。麻織物以外「知らない」ために、百軒以上の機屋が..、一軒だけとなってしまった様です。
一軒だけの機屋でありながら、伝統的な<能登ならではの手仕事>にこだわっておられるのです。
紡績麻糸(ラミー糸)でありながらも...、、地入れを施し、糊を抜くと、手織特有の柔らかな素材感が浮き出てくるんですね。
麻織物は、絹織物や綿織物と比べると、織物としての<硬さ>があります。
東南アジアの麻が無骨な素材感をみせているのに対して、日本の麻は、どちらかというと繊細な感じを伝えています。日本の麻織物の<硬さ>加減は、あくまでも絹織物や綿織物との対比なんですね。
この<硬さ>が、麻織物の素材感覚に関係しているんです...、使われている麻糸に、柔軟性があればあるほど、「硬いような感じでありながらも、強くもあり、かつ、繊細な空気感」をつくるんですね。
こうした傾向は、経年すればするほど、しっかり表れてきます。
何百年も前の麻織物が、現在も風化することなく、伝えられているのは上質の麻が惜しみなく使われているからなんですね。

現在の能登上布は、紡績麻(ラミー麻)が織糸として使われています。
このラミー麻糸は、機械織に使われるものではなくて、手織の麻織物専用として加工された麻糸なのです。能登上布は、繊細であり、精巧に織り上げられた織物であるのは、能登上布の手織手法とこの麻糸の相性が、極めて良いためのようです。
使われている糸と施される織のバランスが良いんですね。
麻織物でありながらも、着物として着られた時、綺麗な姿になるのは、こうしたバランスの良さがあるからなんです。

こちらに掲載をさせて頂いた能登上布は、"きなり"の地色に対して”ほの柔らかい縞織”が織り込まれています。乱れている縞のようでもあり..、色と縞の間隔に眼を向けると、何となく"リズム感"みたいな感じが伝わって来ます。
考えて手掛けられているから、こうした感覚が伝わってくるんですね。ただ、精巧に織っているだけではなくて、着物としての織物という意識が、制作者や織人にあるのです。

こうした縞の感じが、着物..、麻のお着物を着たときの"着物ならでは景色"となるんです。
こうした"景色"となる"縞"の感じは、ありきたりの縞とは、かなり違うんですね。

縞と言っても"粋"な感じにはならない"リズム感"ある柔らかな縞織です。
色の加減も、強いわけではないので、様々な帯とあわせてお楽しみ頂けるお着物となります。

*下段画像では八重山上布(琉球藍)の帯とあわせてみました。

 
商品番号:kstg59011
石川県指定無形文化財.能登上布
手織麻織物
麻:100%
丈 : 3丈3尺程(約12.5m)
巾 : 1尺3分程度(約39cm)  
価格:232,000円(お仕立代込み/税別)
麻絽織の居敷当と衿裏が付きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お仕立て上がり価格(衿裏と居敷当付き)です。
寸法やお仕立に付いての詳細なご案内は、ご注文後に弊店より送信させて頂く<ご注文内容のご確認メール>の中でお知らせをさせて頂きます。
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります