トップページに戻る
サイトマップ

"夏の着物"を掲載致しております。麻織のお着物、絽小紋/生紬のお着物、絽のお着物...、街着としてお着物から余所行き/礼を意識したお着物。そして、趣向性を漂わせる上布などを掲載致しております。
夏の余所行き着物としてお召し頂けます。

 

 Shopping-contents

   
夏季とお単衣のお着物.タイトル
背景画像
越後上布 亀甲絣 タイトル
 
 
手織.麻織物
古代越後上布/100亀甲絣
制作:本田瀧右衞門
 

越後上布の機屋で織られた手織麻織物。

カラムシ(植物)からつくられた苧麻を紡績した極細の麻糸を使い、1尺2分の巾に、整い揃った100を数える亀甲絣が、綺麗に織り出されています。
この亀甲絣は、それぞれが微妙に"かたち"が違う..、けれども、整然と綺麗に並び揃っている印象を憶えます。
手織の痕..、手機で織る..、それは、絣を揃えながら織る..、自然の繊維である麻糸の柔軟性は一様ではない、それを揃える..、"かたち"を揃えながら織る。
織人の感覚が、この100亀甲の絣を整然と織り出しているのです。
だから、細かい絣が並んいるに関わらず、窮屈な感じはしないし、精巧に織られているからと言って、冷たい感じを憶える訳でもない。
織人の感覚が、この精緻な絣の"光景"をつくっているのです。

そして、"きなり"で織られたこの手織の麻織物は、特有の涼感を伝えてくれます。
単純な涼感ではなくて、特有の涼感..、もちろん、単純に、麻織だから涼感が伝わってくると言う訳ではない。
麻の素材感、"きなり"と言う色の質感、そして、精緻な亀甲絣が相俟って..、光に映るその様は、"透ける予感"、あるいは、"透けない予感"を伝えている。そして、きっと、この麻織物にあたる"風"も..、その透ける予感/透けない予感の光とよく似ていて、通り抜ける風と、そうでない風がある様に感じられる。
そこから生まれる"涼感"..、肌で感じられる涼感と、眼で感じられる涼感が同時に伝わってくる。
これは、機械織では、絶対につくれない涼感だと思う。

伝統的につくられた麻織物..、 まさに蜻蛉の羽根のような質感を伝える素材感から生まれた涼感なんだと思います。
透ける/透けない..、透ける手前の素材感と感覚がある。
そして、上質の麻特有の質感が、視覚的な"涼感"をも想い伝えてくれるんです。

とても綺麗な手織の麻織物...、夏季の陽射しを、あえて楽しむことの出来るような夏季の着物です。
100亀甲絣.手織.古代越後上布。

*上段画像では小千谷の薄絹に染めた手描き友禅染め帯とあわせてみました。
*下段画像では羅織八寸帯(制作.北村武資)とあわせみました。

 


商品番号 skstg_59107
古代越後上布/手織麻織物/100亀甲絣
経糸:苧麻の紡績糸
緯糸:苧麻の紡績糸
制作:本田瀧右衞門
価格:484,000円(お仕立代込み/税別)
麻絽織の居敷当と衿裏が付きます。
丈 : 3丈3尺
巾 : 1尺2分(約38.6cm)
お仕立て上がり価格(衿裏と居敷当付き)です。
寸法やお仕立に付いての詳細なご案内は、ご注文後に弊店より送信させて頂く<ご注文内容のご確認メール>の中でお知らせをさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
*古代越後上布.亀甲絣×羅織八寸帯(北村武資.制作)
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります