トップページに戻る
サイトマップ

織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。

 Shopping-contents

染織工芸織物.タイトル
背景画像
藍染め花織着尺 タイトル
藍染め着尺
日本工芸会正会員
秋山眞和.作
藍染め暈かし花織着尺

染織作家.秋山眞和が制作した藍染めの花織着尺地です。

この花織は、沖縄の染織ではありません。
宮崎県綾町で制作されている「綾の手紬」の作品の中のひとつです。

制作者.秋山眞和は、その「綾の手紬」の主宰者で、沖縄在住の染織作家でもなく、また、沖縄の染織を制作している染織家でもありません。けれども、父.秋山常磐(故人)は、戦時中、沖縄から九州に疎開して来た織人です。
秋山眞和氏の作品には、花織が使われているのは、琉球染織に関わる家系の中にいると言う意識があるからなのか?と思われるかもしれません。
しかし、秋山眞和氏の現在の作品は、琉球染織の空気よりも、むしろ、自身のアイデンティティが、とても強く感じられます。

制作される作品には、特有の素材感があります。
制作者自身の工房の中で養蚕を行い、藍染め、貝紫の染色も自身の工房で行っています。つまり、養蚕段階から、製糸、絹糸の天然染め、作品制作まですべてを自身の工房で手掛けているのです。

こちらに掲載をさせて頂いた藍染め花織着尺地は、秋山眞和氏の絹織制作に対する美意識を垣間見ることが出来ます。
そもそも、この作品は、絹布として、最高水準と思われる程の質感覚でつくられています。手織の絹織で実現出来る限界を想わせる程..、天の羽衣を想わせる程に、軽く、そして、しなやかであり、着物生地として大切な"生地の芯"の様な感じも絶妙なコンディションで残しています。
そして、藍染め..、もちろん、極細の絹糸に藍染めを施し、更には、濃淡で染め分けた経糸で藍暈かしが表現されている。
花織は、沖縄への回顧ではなく、あくまでも自身の作品性であって、自身の絹で織り上げた絹織の美しさを、表現する為の装飾なのだと思います。

藍の花織として、比類ない程に、精妙さに満ちています。
藍は、その暈かし、グラデェーション効果と、極上の絹によって美しく映ります。花織は、単純な藍染めの絹織を超えて、織物としての作品性を際立てています。
織としては礼装にならないけれども、この藍の花織は、どこか貴装を想わせる雰囲気がある。もちろん、余所余所しい感じではないけれど...、藍染めの美しさ、花織の装飾性、絹織の上質感がごく自然に伝わってくるのです。

最高に綺麗な藍染め花織の絹織物です。
余所行き以上のお着物としてお楽しみ頂けます。


*下段画像では、帯作家.勝山健史制作九寸名古屋帯とあわせてみました。
着物の絹感覚と帯地の絹感覚、そして、藍とオフホワイトの色彩が、美しいコントラストをつくっています。

*最下段画像では、琉球本紅型帯(玉那覇有公)とあわせました。
藍をテーマとした着物と帯の極上取り合わせです。


=略歴=
1941年 9月29日生まれ
1966年 宮崎県綾町にて綾の手紬染織工房創設
1967年 第2回西部工芸展:朝日新聞社金賞受賞
1968年 日本伝統工芸展:入選
第3回西部工芸展:朝日新聞社銀賞受賞
1972年 社団法人日本工芸会正会員認定
1990年 第37回日本伝統工芸展入選作
「万華鏡」文化庁買い上げ
1995年 第42回日本伝統工芸展
小石丸花織絣訪問着入選作「陽炎」文化庁買い上げ
「現代の名工」指定表彰
1996年 日本橋三越本店にて個展開催
1997年 沖縄県立芸術大学美術工芸学部教授就任
2000年 フランスパリ日本文化会館にて個展を開催
2004年 東京銀座和光にて個展開催
2005年 宮崎県文化賞(文化功労)受賞
第39回日本伝統工芸染織展」出品作
藍染花織絣「響き」文化庁長官賞受賞
2006年 「黄綬褒章」受章
第41回西部工芸展
日本工芸会西部支部長賞受賞
2008年 天然藍染め技術で綾町無形文化財に指定
2009年 宮内庁三の丸尚蔵館にて
天皇皇后両陛下御成婚50周年特別展展示
2010年 銀座和光にて2回目の個展開催
2013年 沖縄久米島博物館にて秋山眞和作品展を開催


商品番号:ktg_77509
秋山眞和(日本工芸会正会員)
藍染め暈かし花織着尺
価格:862,000円(袷.お仕立代込み/税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
お仕立て寸法・八掛地のお色目・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります