トップページに戻る
サイトマップ
織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。
 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
菊池洋守 八丈織 タイトル
 
 
八丈織:縞入綾織/菊池洋守 作
薄グレイ系色
 

八丈織の染織家.菊池洋守制作の綾織。

菊池洋守氏は、染織家 柳悦博氏の下で染織を学び、独立後、八丈島に工房を構え、50年以上作品制作を続けられている染織家です。染織技術は、柳悦博氏の影響を色濃く残しながらも、その作品は菊池洋守氏特有の存在感を伝えています。柳悦博氏の下で染織を学んだ染織家の中で、自身が制作した作品に商標(八丈織)を謳った唯一の染織家なのです。
また、随筆家白洲正子氏が営んでいた銀座こうげい(工芸品専門店)の取扱い染織家の中で、現在では、唯一の現役染織家でもあるのです。

菊池洋守氏が制作する八丈織の作品には「飾り」がありません。
染織技巧とデザインを駆使した装飾性に満ちた作品とは、真逆の作品...、精緻な織を精巧に展開することで表現される織の美しさこそが八丈織の作品性なのです。
だから、何時の時代に制作された作品であっても、古さを感じさせることはないし、織の美しさ、絹の美しさに満ちています。
無地織印象を想わせる織の着物なのかもしれませんが、八丈織は、それだけで十分に綺麗に映るのです。それが作品性なんだと思います。

こちらに掲載をさせて頂いた作品は、細微な市松綾織にとても細い縞織が加えられています。その縞織は4本1組になっていて、その4本にはそれぞれ僅かに色が付けられています。離れて見れば、分からなくなる程の色と細さでしかありません。
この縞は、気になる程の縞ではないかもしれませんが、この作品にとっては大切な縞なのかもしれません。4本1組色違いの縞は、薄グレイ色の綾織の中で、静かな音階を刻んでいるかの様です。
薄グレイ色の綾織は、まるで音のない緊張感を伝えているかの様です。そこに心地良い静かな音を加えるかの様に、縞が加えられているのです。

着物としては、完全な無地同様に薄グレイ色の絹の美しさに包まれています。そして、縞は、その美しさに響きを加えているのかもしれません。完全な無地では感じられない無地織の美しさを表現するために加えられた制作者の作意なんだと思います。

絹の綺麗さ、綾織の美しさ、そして、静かな音色を想わせるかの様な縞織..、シンプルな印象に制作者の美的な感性に満ちた染織作品です。

準礼装、貴装、余所行きのお着物としてお楽しみ頂けます。


着物と帯のあわせ..
   

インドネシアジャワ更紗染め帯とあわせみました。
グレイ色の綾織(無地織)にエキゾチックな更紗帯..、現代的趣味性を想わせる装いです。
勝山健史制作:九寸名古屋帯(中世イタリア裂)とあわせてみました。
絹織の美しい織物、縞織と菱型、そして、薄色の着物と帯..、もしかするとよく似た香りの着物と帯のあわせなのかもしれません。


 
商品番号 ktg_77471
八丈織−縞入綾織
制作:菊池洋守
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります