トップページに戻る
サイトマップ
紬の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として紬です。
 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
線背景
ずり出し紬.タイトル
 
真綿紬真綿紬真綿紬

 
手織真綿紬/網代織
経糸:ずり出し糸
緯糸:手引き真綿糸
 

「繭」と言う言葉の響きが、そのまま"織"にしたような感覚が残るかもしれません。
繭から"糸"をつくり、紬織をつくり上げる..、わざわざ、面倒で、手間の掛かる仕事を重ねる必要があるのは、"そう"でなくては出来ないからなんです。

この織物の制作者は、"繭に包まれる感覚"を紬織に求めた様です。
特に、その手法にこだわった訳ではない...、仮に、機械仕事で事足りればそれで良かったかもしれない。しかし、それでは思った感覚の"紬織"にはならないし、良くある手仕事だけでも、どうやら及ぶところではなかった様です。

自然のままの感覚を操ること..、繭の感覚を"織"にすることは難しいことです。"ひと"の手が加えられると"自然"っぽさが薄れて、"製品臭い"感じが出てくるんですね。
"自然"に近付くこと..、人為的な作用を出来るだけ加えないことで、自然のままの感覚に触れるしかない。
繭に触れる時季、糸をつくる時季、その時季毎に、仕事が少しずつ違う..、すべてを体系的考えると面倒で、不効率と言われる筈です。 仕事の毎に違いがある..、自然の"姿かたち"にあわせると言うことです。
わざわざ、面倒で、手間の掛かる仕事のようです。

経に使われている糸は"ずり出し糸"..、繭から引き出した糸で、緩い撚りしか掛けられていません。緯糸は"手引きの真綿糸"..、こちらは無撚糸です。
"絹"というイメージではなくて、"繭"の感覚を残した柔らかな糸だけが使われている"紬織"です。
無撚の糸と撚りの緩い糸は、繭の感覚を伝えるかも知れないけれど、紬織とするには、また、とても難しい..、織が詰まってなくては"着物"にはならない。柔らかく、空気をも含んだ様な糸を、織り込むには、やはり、巧くなくてはいけないし、時間も掛かる。
けれども、織り上がったその感覚は、"繭"のイメージを伝えている。
そして、"ひと"がつくっているにもかかわらず、"つくりもの"の感じがないんですね。

こちらに掲載をさせて頂いた紬織には、網代織が施されています。
僅かにブラウンベージュを想わせる色が織り込まれています。 網代織によって"糸の感じ"と"色感覚"が混ざり合って、この紬織の表情をつくっている。この表情が、単純な紬織としての柄模様だけではなくて、"繭の感じ"を効果的に浮き上がらせているのかもしれません。

"繭の感じ"が伝わる紬織です。何かを大切に包むかの様な優しい柔らかさがあります。また、ほぼ単彩の印象にも関わらず、多彩な気配が漂っているようにも感じられてくる。網代織は、この柔らかさと紬織の奥行き、そして、色の気配を伝えてくれています。

よくある紬織..、土地の紬織には見掛けない空気が漂っているし、染織家が手掛けた作品の様な"作為"もありません。ひたすら、"繭に包まれる感覚"を求めてつくられた"紬織"です。

 
真綿紬真綿紬真綿紬
真綿紬真綿紬真綿紬

 手織紬 真綿紬 手織紬 真綿紬
商品番号:twzm_74471
手織真綿紬/網代織
価格:326,000円(袷.お仕立て代込み/税別)
巾 : 1尺保証(約38cm)
総丈:3丈3尺(約12.5m)以上
経糸:ずり出し糸
緯糸:手引の真綿糸
お仕立寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、ご注文後、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより、ご注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります