トップページに戻る
サイトマップ
織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。
 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
草木染め手織紬 タイトル
 
 
草木染め手織紬:緯段織
使用草木:臭木の萼
 

織の柔らかさとグレイ系色の濃淡が印象的に感じられる手織紬。

このグレイ系色は、同じ植物からつくられています。
同じ植物の色であるから、眼に強く映ることはありません。
グレイ色の濃淡というと、もしかすると、単純な構成と思える色加減...、白黒/モノクロームで構成された色加減なのかもしれません。
けれども、冷たい感覚や単調な印象は伝わってくることはありません。

グレイ系色の濃淡でありながらも、どこか、明るい色の気配が感じられます。そして、無作為の様に織り出された緯段は、草木染めとしての色の存在感と手織の素材感を表現する為の景色なのかもしれません。

この織物なんですが、触れると絹特有の柔らかさと温もりが伝わって来ます。
それも、そもそも、真綿糸が引き出される前の"真綿"に触れるような触感に近い感覚を伝えてくれます。

この制作者は、自然から得られた素材を使い、その素材に導かれたかの様な織物をつくっている様です。 糸屋が扱わなくなった古くからある真綿糸つくりから自身が手掛け、多くの機屋が行わなくなった自生している草木だけを使っての染色を施しています。
繭からつくられた真綿の柔らかさと自然の色がつくる色の表情を求めているのだと思います。

シンプルな色加減と緯段織であるけれど、眼に映る以上の色の気配が感じられる...、眼に映っている感じが見ている色と違うのです。色だけじゃなく、真綿紬の素材感と相俟って、眼に映る以上の存在感となって伝わってくる様です。 真綿をこれ以上ないくらいに見事な織物としているし、"臭木の萼"からつくられた色に明るさのような感覚をつくっている。

一見すると、デザインが凝らされている様に映らないかもしれませんが、臭木の色がつくる色の濃淡...、無作為の緯段織は、縞織を超えて、濃淡印象を伴った自然の色の景色として眼に映る筈です。

真綿織の感覚と草木染めの色の気配が伝わる手織紬です。

*下段画像では、生紬更紗染め帯とあわせました。
*最下段画像では、型絵染め帯(駒井和子)とあわせました。

 

商品番号:ktg_75617
草木染め手織紬
織:緯段織
価格:498,000円(袷.お仕立代込み/税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
経糸:玉糸
緯糸:真綿糸
染料:臭木の萼
お仕立て寸法・八掛地のお色目・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります