トップページに戻る
サイトマップ
織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。
 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
菊池洋守 八丈織 タイトル
 

 
八丈織/菊池洋守 作
−市松綾織:薄ベージュ色−
 

染織家.菊池洋守制作の八丈織。
菊池洋守が手掛ける綾織の中でも、最も細密な市松綾織で織り上げられています。

菊池洋守が制作する八丈織は、織物でありながらも、"余所行きな感じ"がある...、それは、礼装感覚が色濃いと言う程ではないけれども、ちょっと"上"の感じの印象を伝わって来る様です。
そして、同時に、どこか"趣"みたいなものも、また、感じられる...、強い個性とか、趣味性などという濃いものではなくて、香り伝わってくる特有の存在感の様なものが感じられるんです。

菊池洋守は、余所行き感覚の織物を制作している訳でも、あえて個性を伝える織物を制作している訳ではない..、この特有の存在感は、制作者にとっては、至極当然の質感覚でしかないのかもしれません。
けれども、眼にするものには、他の織物には感じられない感覚..、存在感が感じられるのです。

こちらに掲載をさせて頂いた作品ついて..、まず、何色として眼に映るのか? 実際の綾織の質感や色の加減は(写真画像では上手く伝えられないんですが)..、透明度みたいなものを伴ったベージュ色系と眼に映るのか? 僅かに赤みをおびたベージュとして眼に映るのか? 実際には、光の加減によって、この色の気配の様子が移り変わる様に眼に映るのです。
こうした色加減の移り変わりは、この精緻な綾織と関わっているようです。
綾織..、この細密で、精緻な綾織は、光の中で、柔らかく、そして、小さく煌めくかの様に映ります。"色"の感じではなくて、この"綾織"そのものが、柔らかく、小さく煌めいて眼に映るんですね。
そして、この綾織が、"色"と相俟って、特有の存在感をつくっている。

そもそも、織物は、織り上がりの色を想定して糸を染める訳です。
制作者は、織り上がりの質感覚を想定して、糸質を選定するし、糸を染める。
糸染めは、菊池洋守でなくても染められるかもしれないし、精緻な綾織は綾織に長けた織人なら織こなすことができるかもしれない。
けれども、この作品のような"存在感"は、菊池洋守の作品しかみられないのです。

織物でありながらも、余所行きな感じを憶えるのは、この存在感のためなんですね。
もちろん、制作者.菊池洋守は"余所行きの着物"としての織物を制作しているなどと言う作為や衒いはないと思います。唯々、自身の織物を制作している...、この織物から伝わって来る"趣"は、菊池洋守の美的な意識なんだと思います。

まるで無地織のような織物と思い違うことがあるかもしれません。
けれども、眼にしっかりと映してみると無地織として映ることはない..、何か"特別の感じ"を憶える織物と言うことが感じられる筈です。

着物としてお召しになると..、気品のようなものを伝えてくれます。
織物と言っても、紬印象ではなく、絹の艶やかさのある織物です。
西陣織や、品格ある染め帯などあわせて、余所行き以上のお着物としてお楽しみ頂けます。

 

商品番号:ktg_77481
菊池洋守 制作
八丈織:市松綾織
総丈 : 3丈3尺程(約12.5m)
手織/絹100%
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります