トップページに戻る
サイトマップ

織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。

 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
勝山健史 白雲練貫 タイトル
 


 
勝山健史 作
白雲練貫(着尺)
 

勝山健史は、西陣織.帯地を独自の美意識で手掛ける染織作家。
この制作者は、造形としての作品制作だけではなくて、絹織の素材としての絹糸の制作にも自身の美意識を重ねています。

だから、この制作者が手掛ける絹織物を観ると、素材としての美しさが感じられると思います。
西陣に伝承されて来た西陣織とは違う空気に包まれている..、そんな印象を憶えるかも知れません。 西陣織特有の装飾性は伝わって来ません。あたかも、絹織の素材感を伝えるための装飾に美意識が傾倒されている様なのです。

こちらに掲載をさせて頂いた織物は、勝山健史が手掛けた絹からつくられた着尺です。
僅かに色が染められた一色の絹糸を使い、文様を浮織で織り出した絹織物です。
装飾らしきものは、見当たらないけれども、この僅かな浮織と僅かな色の気配だけ十分に美しさの気配が感じられます。
美しさの気配...、それは、この絹織物が着物という"かたち"仕立て上げられると"美しさの気配"は、"気配"ではなくなる様です。
制作者は、絹の美しさを装飾とした着物を制作するために、最高の素材(絹)を使い、そして、あえて最小限の色と柄模様に留めたののかもしれません。

白印象の無地織の着物..、最高品質の絹で織り上げられたこの着物が伝えるのは、品位と知性がかすかに香る無垢の美しさです。
無地のお着物としては、これ以上ないくらいの綺麗さを伝えてくれる筈です。


*上段画像では、幻想的な水彩画を想わせる染め帯(制作.木原明)とあわせてみました。柔らかな色彩印象と現代的な空気感が感じられる装いとなりました。

*最下段の画像では、西陣織九寸名古屋帯地(洛風林)とあわせてみました。
凜とした礼装感ある装いとなりました。

 

商品番号:ktg_77647
勝山健史 制作
白雲練貫
総丈 : 3丈3尺程(約12.5m)
経糸:生糸(未精錬)
緯糸:練り糸(灰汁練り)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります