トップページに戻る
サイトマップ

織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。

 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
士乎路紬 タイトル
 

 
草木染め手織真綿紬:士乎路紬/縞織
使用草木:刈安 紫草
 

士乎路紬(しおじつむぎ)は、能登半島で織られている草木染め手織真綿紬です。
この士乎路紬は、一般的には、あまり聞き慣れない織物なのかもしれません。
そもそも、土地に根ざした伝統的な織物ではなくて、日本のあらゆる織物を研究した後に、1970年代に立ち上げられた工房織物なのです。
ですから、過去より継承された織物でないため、制作手法に制約や縛りがありません。 "着る"と言う目的=着心地の良さを求めるため、織物として徹底的な品質の向上が図られて、制作されています。

例えば..、本場結城紬の軽さを求め制作されています。
本場結城紬と同様に、経と緯、すべてに手引きの真綿糸が使われています。よくある屑繭からつくられた紬糸ではなくて、綺麗な蚕を袋真綿にしから引き出された真綿糸が使われています。
だから、生地に重さを感じられない程、軽く、しなやかであることが、この士乎路紬の特徴のひとつとなっています。

そして、士乎路紬のもうひとつの特徴として、真綿糸に草木染めが施されて織られている事があります。真綿糸に草木染めが施されたは織物は、殆どありません。色の定着が難しい草木染めは、多くの数を制作する紬織には向いていないのです。
しかし、草木染めが施された真綿の士乎路紬は、真綿特有の質感と相俟って、柔らかな色印象を伝えています。
空気を孕む手織真綿の軽さと草木染めの柔らかな色印象は、士乎路紬ならではの魅力なのです。

さて、こちらに掲載をさせて頂いた士乎路紬は、縞織として織られています。
その土地に継承されていない織物であるため、1点々々、デザインも考えられているのが、このお品からもみることが出来ます。
紫色の線で隔てられた薄黄緑の縞織は、画像では分かり難いかと思いますが、一縞毎に濃淡で織り分けられています。
着物としてお召しになった時に、ちょっとした色の奥行きが深く映る様に考えられています。また、薄黄緑色(刈安)と紫色(紫草)の彩色バランスも、柔らかな色彩印象を想わせてくれます。
もしすると、紬織によくある強いカジュアルな空気というのは期待出来ないかもしれません。この士乎路紬には、やはり、丁寧な手仕事が施されているためか、上級な空気を生み出している様です。
工芸的な帯とあわせてお召しになると更に着物の雰囲気が上がる筈です。

*最下段画像では型絵染め(池深雪.制作)の帯とあわせてみました。

 

商品番号:ktsg_74017
草木染め手織真綿紬:士乎路紬
経糸:真綿糸
緯糸:真綿糸
草木:刈安 紫草
価格:368,000円(袷.お仕立代込み/税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
*士乎路紬(刈安/紫草)×型絵染め九寸名古屋帯(池深雪)
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります