トップページに戻る
サイトマップ

織物の中には「気の遠くなる程」の行程を経て誂えられる「織」があります。
草木染め/手織は、もちろん、工芸職人・工芸作家の独自の技術と意匠・趣向が込められた作品として織物です。

 

 Shopping-contents

   
染織工芸織物.タイトル
背景画像
士乎路紬 タイトル
 

 
草木染め手織真綿紬:士乎路紬/乱れ縞
使用草木:車輪梅
 

士乎路紬(しおじつむぎ)は、能登半島で織られている草木染め手織真綿紬です。
この士乎路紬は、一般的には、あまり聞き慣れない織物なのかもしれません。
そもそも、土地に根ざした伝統的な織物ではなくて、日本のあらゆる織物を研究した後に、1970年代に立ち上げられた工房織物です。
過去より継承された織物でないため、制作手法に制約や縛りが一切ありません。"着る"と言う目的=着心地の良さや美しい着姿を求めるため、織物として徹底的な品質の向上が図られて、制作されています。

例えば..、本場結城紬の軽さを求め制作されています。
本場結城紬と同様に、経と緯、すべてに手引きの真綿糸が使われています。よくある屑繭からつくられた紬糸ではなくて、綺麗な蚕を袋真綿にしから引き出された真綿糸が使われています。
だから、生地に重さを感じられない程、軽く、しなやかであることが、この士乎路紬の特徴のひとつとなっています。

そして、士乎路紬のもうひとつの特徴として、真綿糸に草木染めが施されて織られている事が挙げられます。真綿糸に草木染めが施されたは織物は、殆どありません。色の定着が難しい草木染めは、多くの数を制作する紬織には向いていないのです。
しかし、草木染めが施された真綿の士乎路紬は、真綿特有の質感と相俟って、柔らかな色印象を伝えています。
空気を孕む手織真綿の軽さと草木染めの柔らかな色印象は、士乎路紬ならではの魅力なのです。

さて、こちらに掲載をさせて頂いた士乎路紬は、車輪梅が主な染料として用いられています。
そもそも、車輪梅は、沖縄の織物や大島紬の染色に使われる植物で、赤褐色や墨色を得る事が出来ます。
天然繊維である絹に染められることで、濃度の高い色(例えば、墨色)であっても、単純に濃いだけではない「深さ」を感じさせる質の色が期待出来るのです。

こちらの士乎路紬は、車輪梅で染めた真綿糸...、それも、あえて不均一に染める事で、濃淡印象をつくり、その上で、不均一な縞織(乱れ縞)で織り出しています。
真綿の中に、乱れ縞模様が、浮き上がる様な印象が伝わって来るのは、不均一な色加減の"墨色"が、柔らかな真綿に染められているからなのです。
だから、縞織であっても、また、墨色であっても、硬く、そして、強い印象をもって映ることがない...、乱れ縞が、他の素材では伝えられない柔らかな"縞模様の景色"を映してくれます。

縞織であっても強い印象はありません。また、彩り鮮やかな着物ではないので、個性や趣向をもった帯で楽しむことも出来ます。

伝統的な土地の紬織では、絶対に出来ない独創的で、かつ、細かな手仕事でつくられた草木染めの真綿双紬です。

*上段画像では、生紬更紗染め帯とあわせてみました。
*最下段画像では辻が花染め帯(森健持.制作)とあわせてみました。

 

商品番号:ktsg_74077
草木染め手織真綿紬:士乎路紬/乱れ縞
経糸:真綿糸
緯糸:真綿糸
草木:車輪梅
価格:368,000円(袷.お仕立代込み/税別)
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
寸法・八掛地のお色目・納期などのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
 
*士乎路紬(車輪梅)×辻が花染め九寸名古屋帯(森健持)
 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります