トップページに戻る
サイトマップ
和の装いは、着物.帯だけに留まるものではありません。季節に応じて、着物.帯の素材や柄模様、彩色に配慮をするのと同様に、羽織やコートに対する意識も大切な装いのポイントとなるかと思います。
こちらでは、着物.帯の質感や品質に適うお誂えの羽織とコート地をご紹介させて頂きます。
 

 Shopping-contents

   
羽織とコート.タイトル
線背景
絵羽織 辻が花.タイトル
 
 
絵羽織:辻が花
制作:森健持
 

森健持制作.辻が花染め絵羽織。

森健持氏は、現代に"辻が花染め"を復元した染色家.小椋健亮(故人)氏の下で辻が花を学び習得された辻が花創作家です。

森健持氏の辻が花には、現代の手描き友禅の様な華やかやさ、礼装感の漂うという感じはありません。どちらかと言うと、江戸時代の小袖模様を想わせる趣が漂っています。彩色を限定し、絞りと墨絵描きで比較的大胆に図案が辻が花染めとして表現されています。
これだけ明確に辻が花が表現されているにもかかわらず、その辻が花の綺麗さだけではなくて、図案/構図の巧さをも見事なくらいに表現されています。
きっと、デザイン性が美しく整っているのだと思います。
江戸時代の小袖模様を想わせながら、現代的な構成(辻が花と図案のバランス)が図られている訳です。かつて習得した辻が花と、それ以降、培ってきた美的な感性が、古の趣と現代的な装飾性を伝える作品を生み出しているのだと思います。

こちらに掲載をさせて頂いた作品は、絵羽織として染められています。
地色は色加減が控えられた墨グレイ色。そして、辻が花は、大きく、そして、花と葉が舞い散るような表現されています。僅かに挿し込まれた"色"が、その僅かな分だけ、やけに色を想わせる..、色加減が控えられた墨グレイ色の中で、不思議な色香が浮き上がって感じられます。
こうした辻が花と、その構図、色彩感性は、森健持ならでは作品性を想わせます。

絵羽織は、冬の着物姿を飾ります。
彩色は控えながらも、趣という景色で着物を飾ってくれる辻が花染めの絵羽織です。

*無地系の織のお着物、江戸小紋、文様散らし小紋、色無地、軽い付下などのお着物にあわせてお召し下さい。

 
絵羽織 辻が花


商品番号:kchj_41177
絵羽織:辻が花
制作:森健持
価格 518,500円(お仕立代込み/税別)
寸法・裏地のご提案・納期などにのご案内は、ご注文後に弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
お問い合わせ下さい。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより、ご注文をお願い致します
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
 
<ご注文>以外の、掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります