トップページに戻る
小紋ほど着物の中でバライティ豊富な着物はないと思います。織の着物に準じるカ程のカジュアルな小紋から、「礼」を想わせる準フォーマル的な小紋。でも、訪問着にはない「気軽さ」、織の着物にはない「柔らかな」イメージが小紋の魅力ではないでしょうか?

 Shopping-contents

小紋のタイトル
背景
無地染め小紋
背景

背景
京染め小紋 花文様尽くし
背景

白生地に織り込まれた細かな地紋と抽象化された「花」。この染めものには、多くのアイディアが込められている訳ではありません。

染められた文様である「花(実際、花であるかどうかは定かではありませんが)」は、濃淡が付けられ、さっぱりとした文様に止められています。あくまでも、コントラスト/彩色の強弱を控えめにする事...、この染めもの=この小紋に込められた主なアイディアは、色彩印象なのかもしれません。
一見すると「平たく」感じられるグレイ系色を基調とした色彩に、奥行きを保たせるべく図られたアイディアなのかもしれません。
この生地に織り込まれた地紋も、細かな文様であり、それ自体「何を表現する」ものではないと思います。また、染められた文様=「花」も大きな特徴となっている様には感じられないのです。

施されたひとつひとつのアイディアが違和感なく配される事で、この小紋の表情をつくっているのだと思います。
その表情のひとつに、色彩印象が感じられるのです。もちろん、「グレイ系色を巧みに表現している」とだけに止まることではありません。このグレイ系と淡泊なほどの花文様が相俟って、品格の高い染め物...、「小紋」と言う言葉の保つイメージ以上と品格を思わせてもくれるのです。

この染めものに込められたアイディアは、視点を変えて眺めているとアールヌーヴォを想わせる印象をも想わせてくれはしないでしょうか? 
街着としてお召しになることも出来るでしょう。また、帯を変え、装う意識を変える事で、街着以上の品格を来する事も出来るのです。

この染めものの、色彩印象、あくまでも「グレイ系」印象であるがために、対する帯にも馴染みやすいのです。
下段の画像では、同系の色彩印象たる西陣織を適わせましたが、帯を想えば、コントラストの高い色彩の帯と適わせも馴染みやすい事が予想されるかと思います。

一見すると、それ程、手を掛けた染めものではないように感じられるかもしれません。
しかし、限られたアイディアではあるかもしれませんが、考え尽くされたアイディアが「職人仕事」に生きているのかのようなのです。
思いの外、幅広く楽しむ事の出来る「染めの着物」となる筈です。

背景
商品番号 kskm_10006
京小紋/花文様尽くし
丈 : 3丈4尺保証
巾 : 1尺保証(約38cm) 
価格:244,700円(袷.お仕立て代込み/税別)
<袷仕立て>のお仕立て上がり価格です。
寸法やお仕立に付いての詳細なご案内は、ご注文後に弊店より送信させて頂く<ご注文内容のご確認メール>の中でお知らせをさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.
デザイン・加工・細工について盗用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。過去に差し止め請求が発生した事もあります。

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります