トップページに戻る
サイトマップ
小紋ほど着物の中でバライティ豊富な着物はないと思います。織の着物に準じるカ程のカジュアルな小紋から、「礼」を想わせる準フォーマル的な小紋。でも、訪問着にはない「気軽さ」、織の着物にはない「柔らかな」イメージが小紋の魅力ではないでしょうか?

 Shopping-contents

染織工芸織物
小紋のタイトル
京染め染め小紋 花紋章京染め 花紋章京染め 染め小紋 花紋章
京染め小紋

薄ピンク色が印象的な京染め小紋です。
薄ピンク色は、無地染めではありません。とても細かな点を、薄ピンク色に染めることで、彩色印象をつくっています。
そして、よくみると、その薄ピンク色と、もうひとつ、薄ピンク色と同じ分だけ...<黄色>が、まったく同じように染められているのです。
この黄色なですが、よく見ないと、眼に映らない。着物としては、黄色はほとんど、眼に映らない筈です。
でも、この小紋の薄ピンク色は、ピンク色の染色だけでは、実現できないんですね。

鮮やかなピンクではありません..、また、単なる薄ピンクだけでもない...、ちょっと奥行きある感じの色の気配を伝えています。着物の色としては..、お洋服のようなボディラインのある生地ではなくて、平面性の高いお着物にとって、こうした色の奥行きとか深み、そして、上質の絹布に対する発色や色加減は、とても大切なんですね。

そして、この小紋の中に薄ピンク色に対して、アクセントの様に染められている文様が、この小紋の個性を引き立たせています。
この文様ですが、まるで欧州の紋章のような"かたち"をしていて、"華"を感じさせます。
そして、"灰色"の濃淡で染め出されいるにもかかわらず、"華"があるんです。また、ほぼ横一段に染められているにもかかわらず、やはり"華"がある。
その上、地色を染めている薄ピンク色..、ピンク色と黄色がつくる薄ピンク色と、この文様は、まったく違う柄模様だし、、まったく違う色であるにもかかわらず、とても馴染んでいるんですね。
不自然さは、まるでない。

単彩の印象でありながらも、着物としての"華"がしっかり感じられる。それも、古臭さのない垢抜けした"華"なんですね。
きっと薄ピンク色であると言う色の加減で"華"を感じさせるだけではなくて、この小紋の空気感そのものが、とても都会的で、気品ある"華"を伝えているように感じられるのだと思います。

ちょっとした無地感覚に近い小紋のお着物です。
色には薄ピンク色以上の色の気配を感じさえてくれます。欧州の紋章のような柄模様が、奥行きある色の中で、アクセントとなっています。
着物として、単彩的な感じなため、帯とのバランスが図りやすい着物となります。
ちょっと趣味性ある帯..、西陣織、染め帯とあわせて趣向を効かせた着物として...、また、少しだけ格調ある帯とあわせて余所行きのお着物として..、品良く、垢抜けした綺麗なお着物としてお楽しみを頂けます。

染め小紋京染め 染め小紋 花紋章京染め 京染め小紋花紋章紬織
京染め小紋 花紋章京染め小紋 花紋章京染め小紋 花紋章京染め小紋 花紋章
京染め 花紋章京染め 花紋章花紋章京染め小紋
商品番号 kskm_10009
京染め小紋
価格 :190,000円
丈 : 3丈3尺保証(約12.5m)
巾 : 1尺保証(約38cm)
正絹
御仕立てをご希望される場合は、ご注文の際に"お仕立て希望"とお申し付け下さい。御仕立代・寸法・八掛地のお色目・納期などにのご案内は、弊店から発信させて頂く「ご注文内容ご確認メール」にて詳細にご説明をさせて頂きます。
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
営業時間外のご来店をも承ります
お電話にてご都合をお知らせ下さいませ
お品のお問い合せに付きましては、お電話でも承ります