トップページに戻る
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。

 Shopping-contents

西陣織帯地
着物の悦び
西陣織 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯
西陣織 九寸名古屋帯 帯地
−雨龍間道− 

西陣織の名物裂には、ある種、着物の装いに対する安心感が感じられるかと思います。それは、室町時代に舶来された文様が、以来、日本固有の文化に依って育まれて来た「伝統文様」だからかもれません。
茶人に愛され、文化人に好まれ、愛好家の趣向品とされた名物裂は、礼を想わせ、格調を感じさせ、また、時に、洒脱な印象を伝えてくれます。

こちらの名物裂は「雨龍間道」と銘された伝統文様です。
格子の間に「龍」が織り込まれています。龍は古代中国人が想像した霊獣とされ、収穫や疫病などの除災を司るとされて居りました。その為、名物裂にも数多く見られる文様となります。

こちらの帯ですが、とても、単調な間道と「龍」文様に依っていますが、やはり、「文様」として完成されている為か、帯としての表現力が感じられます。また、こうした間道の帯は、TPOやコーディネイトにおいては、ある意味変幻自在です。染めの着物から織の着物。着物の類別ではなくて、具体的に対象となる着物に依って、TPOや装いも変わってくるかと思います。大島紬や御召を始め、その他紬にもお使い頂くことが出来ます。

この帯は全通の為、裏地を付ける事で袋帯とすることも出来ます。
また、とても軽い繊維にて織り上げられているので、2反使う事に依って道行コートとする事も出来ます。


名物裂(めいぶつぎれ)」について。。。
名物裂は、室町時代から桃山時代にかけて、中国や南方諸国より伝来した織物裂(金襴、緞子、間道、その他の裂地)で、別名「古代裂(こだいぎれ)」or「時代裂(じだいぎれ)」とも称されています。伝来当時より、この織物裂は、茶人 寺社 公家 上流武士などの装束、調度品、贈答品とされました。また、特に優品とされ、好まれた織物裂に対して「名物裂」と呼称されるに至りました。伝統古来の名物裂に固有の名称が付けられているのは、伝統文様を特定する為でもあるのです。

西陣織 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯西陣織 九寸名古屋帯
商品番号 knot_90060
西陣織 九寸名古屋帯
価格: \80000(税別)
長さ:9尺7寸程(約4m以内)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
\80000(税別)/帯のみ
\90000(税別)/帯+御仕立て
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ。
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.
デザイン・加工・細工について盗用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。過去に差し止め請求が発生した事もあります。

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります