トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

   
西陣織九寸名古屋帯タイトル
背景
 華模様 名古屋帯 タイトル
 
西陣織 名古屋帯 華模様 西陣織 名古屋帯 華模様 西陣織帯
 
洛風林
西陣織 九寸名古屋帯 帯地
 

彩色と全体のデザインイメージが、とても印象的な西陣織の九寸名古屋帯です。

伝統的な着物や帯の「意匠」からすると、"随分と、斬新な色と図案ですね..、"などと言われそうです。 確かに、「伝統的」と想われている着物や帯のイメージには、こうした美的な感覚の西陣織は見掛けることはないかもしれません。

しかし、この西陣織なんですが...、伝統的なのかどうかは分からないけれども、少なくとも日本的なデザイン性を考え尽くされた上で、制作されている様に思えるんです。そして、よく観ていると...、日本的なデザイン性が美しく、見事なくらい巧みに構成された織物であることが伝わってくるんです。

織り出された文様は、<花>がデザイン化された図案が、基本となっています。
この"花のデザイン"は、菱型の中に綺麗に収められて、それが、ひとつの"デザインと"なって、並べられている...、ちょっと視点をずらしてみると..、この"菱型"と"菱型"に間の"かたち"は、<七宝文様>の"かたち"をつくっているですね。
また、七宝文様の外郭を追ってゆくと、"丸文"の中に、"菱型文様"が収められている..、そして、そもそも、この"菱型"に収められている"花"のデザインも、ひとつ取り上げて観てみると"家紋"をはじめとした"紋様"の"かたち"をしています。

いっその事..、この文様を<白と黒のモノトーン>でイメージ転換して、大きな襖に貼り付けたイメージをつくると...、結構、日本的な文様デザインとして違和感がなくなる様な気がします。

ただ、図案化された比較的細かな文様を、大胆に並べ揃え、ひとつのデザイン/文様イメージとして表現していると言う美的な感性が、伝統的なイメージには見掛けないものであると言うことだけなんだと思います。

そして、この織物の印象を特徴付けているもうひとつの..、彩色印象なんですが、これも、地色として使われている<藤色>も、着物や染め帯の<差し色>としては、珍しくない彩色なんですね。
文字通り..、藤の花や、菖蒲が染め描かれる際に、時折、使われる彩色でもある。
ただ、この織物の制作の際して、あえて、地色に使うことで、色の豊かさ、あざやかさが表現されているようです。

この西陣織の制作者は、日本の文様や日本の色をよく知っているようです...、知っている上で、美的な感性をもって制作に臨んでいるんだと思います。

彩色の数は控えられ..、織り出された文様も<割り付けられた文様>の繰り返しでしかない..、僅かな彩色と文様だけで、織物の印象を表現されているんです。
余所行きのお着物に、色気のような香りを匂わせてくれる帯になります。

 

商品番号 nwk_60869
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:フランスドレス
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります