トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、九寸名古屋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。
 

 Shopping-contents

   
西陣織九寸名古屋帯タイトル
背景
瑞雲七宝文様名古屋帯タイトル
 
西陣織 名古屋帯 瑞雲と七宝文様西陣織 名古屋帯 瑞雲と七宝文様西陣織 名古屋帯 瑞雲と七宝文様西陣織 名古屋帯 瑞雲と七宝文様西陣織 名古屋帯 瑞雲と七宝文様
西陣織 名古屋帯 瑞雲と七宝文様 梅西陣織 名古屋帯 瑞雲と七宝文様 西陣織 帯西陣織
 
洛風林:西陣織 九寸名古屋帯 帯地
瑞雲の七宝文様
 

西陣織の九寸名古屋帯です。

この西陣織なんですが、織り出された図案と、その図案に施された彩色のバランス感覚が、絶妙なくらいに巧い...、そして、この帯地の趣向を決定付けているようです。

この織物..、帯地の図案は、そもそも、<七宝文様>を織り出しているんですが、ただの七宝文様ではありません。
七宝文様が、ふたつ重なっているですが..、そのひとつの七宝文様の"かたち"が、"雲"の"かたち"にデザインされているんです("雲"の図案は、吉兆を表す文様として"瑞雲文様"と言われています)。

先に、この"瑞雲"の"かたち"に目線が奪われると..、直ぐには、"七宝文様"なのだと気付かないかもしれません。
そもそも、この"瑞雲文様"の"かたち"も、デザインとして、非の打ち所のないほどに、とても良く出来ている。白黒あたりの"モノトーン"であれば、この"瑞雲文様"のデザインも、きっと、何処かの古い寺院などに伝えられている古裂布に残されているような存在感さえも感じられるデザインのようです。

ただ、この帯地に織り出された"瑞雲文様"は、ただの"雲"の文様ではなくて、重ね並べることで..、七宝文様とされているんですね。
そして、お太鼓にあたる箇所の一番下の左の"瑞雲"を、ひとつだけ抜かすことで、下の七宝文様と、この瑞雲七宝との間で、立体的な奥行きが生まれている...、それも、彩色を、あえて二配色としている。
白色に、薄グレイ色に、金系色、黄色ベージュ..、彩色傾向を、偏らせることで、彩色印象がまとめられているんですね。
色と"かたち"に、幾重にも、制作者の作為的な効果が持ち込まれている訳です。
眼に映りやすく、そして、深い印象を伝えている。

この帯地に、施されている文様は、そもそも、古い文様..、古来より受け継がれ、そして、使い尽くされて来た文様の筈です。
それにも関わらず、この帯地には、とても新鮮な空気が感じられる。
それは、この織物/帯地を制作する者が、西陣に継承されている古典的な感性とか美意識を、徹底的に学習することで、自身の感性や美意識が研鑽されているから..、何かを真似ている訳ではなくて、古い英知から、純粋に学び得ることで培った感性と美意識で、制作に臨んでいるんだと思います。

目新しいものを追いかけている訳ではありません。
古典的な美しさを、現代に写しているだけのことです。

現代的な印象もあるかもしれません。
けれども、古典的な文様デザインだけで織り上げられた西陣織です。
どこか知性の"華"が感じられるようではありませんか..。

 

商品番号 nwk_60859
洛風林
西陣織九寸名古屋帯:瑞雲七宝文
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォーム、またはお電話で問い合わせ下さい

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります