加藤富喜−吉野織九寸名古屋帯−
トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、"ひと"を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
背景

 Shopping-contents

加藤富喜
背景
加藤富喜
背景
手織 草木染め 国画会国画会 吉野織手織国画会 吉野織名古屋帯 吉野織吉野織吉野織吉野織吉野織
国画会 吉野織吉野織加藤富喜九寸名古屋帯吉野織
背景
加藤富喜子 作(国画会)
吉野織/九寸名古屋帯
背景

黒という彩色を、着物や帯地の中で想ってみると..、都会的な印象を想うことも出来れば、DressUpした印象を想うことも出来る..、そして、落ち着いた印象をも想うことでも出来る。ただ、紬織の黒の場合、時に野暮ったい印象となることもあるかもしれません。黒色は、所謂、原色とされる色。着物や帯の地色だけではなくて、文様などに使われたとしても、その黒は、それなりの存在感を持つことになります。たとえば、配された黒が、眼に付き過ぎると言う場合がない訳ではないのです。都会的な印象があり、落ち着きもある、派手さとは真逆な存在感のある魅力的なる彩色です。憧れがあったとしても、黒は、使い方ひとつで、その存在感に振り回されることもあるのです。

こちらに掲載をさせて頂いた帯地ですが、とても黒色の使い方が見事なんです。
黒色の帯地と言うと、印象として挙がるのは、存在感の強さではないかと思います。黒と言う彩色に憧れや期待感があって、黒色の帯地に惹かれるのではないでしょうか?
しかし、この黒色の帯地は、そうした期待感とは少々違う黒色の表情を持っている様なのです。
黒そのもの..、黒色の色が持っている存在感の様なものが、良い意味で抑えられている。黒色の気配が巧く控えられているの様なのです。
とは言え、黒色は黒色..、その有り様は視覚的にも、ちゃんと見えているのです。ですから、この帯地を眼にした時には、「黒色の帯」と称されると思います。でも、本来感じられる黒色の持つ印象力はあまり感じられないのです。

これは制作者の計らいなのかもしれません。この帯地を眼にしていると、確かに黒色の帯地なんですが、実は制作者は黒色であることは、単に背景、地色として使った色に過ぎず、この紬織の質感は、吉野織をはじめとした黒色以外の色になのかもしれません。

この帯地に配された緯吉野織..、この吉野織は、白色と青色、緑色が織り込まれています。白色は、地色の黒色との反対色であり、緑色と青色は..、言葉では緑と青と表現させて頂きましたが、使われた緑も青も、和の色と言う印象には距離を感じる色の質感を想わせます。こうした三色の色が、この帯の要点となる箇所に吉野織にて織り込まれているのです。こうした色も、色だけを取り出してみると、およそ着物や帯地には配されれば、その着物や帯の印象を特徴付けてしまいかねない色でもあるのです。そうした色を、この制作者は、敢えて使った訳です。
とは言え、この帯地が、特に強い色彩印象を呈している訳ではないのです。
地色に配された黒色にしても、吉野織に使われた三色にしても、その他に織り込まれた細い縞と格子が、地色や吉野織と巧くバランスをとっているのです。
この紬織に施された彩色の感性と織の質感は、この制作者の織物に対する巧さを想わせます。もちろん、この紬織の趣向が、色彩と織のバランスであったとも考えらなくもないのですが..。

黒色の帯地と言う印象が、まずは第一印象かもしれません。
でも、所謂、一般的な黒色が想わせる黒の存在感はないのです。黒の存在感のための黒ではなくて、配されるべき彩色の数々との均衡バランスを想った際に使われた地色としての黒なのです。そのため、この紬織の帯地は、着物に対して使いやすい黒色でもあるのです。黒色の存在感だけがひとり歩きすることない黒色。
この紬織に使われている彩色は、どれも主役になりそうな彩色だけが使われているにも関わらず、とても整った印象と質感を感じるのです。
趣向性に溢れた帯地です。様々な紬織のお着物と適わせてお楽しみ下さい。

背景
吉野織吉野織吉野織吉野織吉野織吉野織吉野織
加藤富喜手織 名古屋帯加藤富喜国画会 吉野織草木染め 国画会 吉野織宮古島 吉野織吉野織
商品番号 kbno_30001
吉野織九寸名古屋帯
加藤富喜 染織作品
価格 \280000(税別)
長さ9尺7寸保証(約4m以内/お仕立て上がり)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文下さい
\280000(税別)/帯のみ
\290000(税別)/帯+御仕立て
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります