トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

   
工芸帯地 タイトル
背景
北村武資.上品羅 タイトル
 

 北村武資 上品羅 北村武資 上品羅 北村武資 上品羅
型絵染め型絵染め型絵染め
 
羅 八寸帯地
<上品羅> 北村武資 作品
 

北村武資は、1995年に「羅」、2000年には「経錦」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された染織家。

"羅"は、中国.古代遺跡(紀元前2世紀頃)に残された織物であり、日本では中世以降衰退した織物でもあるのです。北村武資の"羅"の制作は..、当然の事ながら、自身が制作するまでは、"この織物"はなかった訳です。
北村武資の美意識に奥にあったのは、古代中国の"織物"...、自身の"羅"とは違う織物のことですが、美意識に激しい刺激を受ける程の織物の様です(後年、人間国宝の認定を二度も受けることになる染織家の美意識に刺激を与えるほどの古代の織物とは、どんな織物だったのでしょうか..、現在の北村武資の作品を知った上で、想像すると興味のあるお話ですね)。

けれども、北村武資の"羅"は、古代織物の復元ではない...、古代中国の織物や、日本において中世以前に制作された織物を研究対象としながらも、現代の織物としての"羅"の制作に臨んだのです。

北村武資の"羅"には<上品羅/じょうぼんら>銘が付けられています。
<上品羅>は、中国の古代織物や、古の日本で織られていた"羅"でもない...、北村武資が制作した"羅"の"そのもの"を指します。
つまり、数百年後も、<上品羅>と言えば、こちらに掲載をさせて頂いている織物のことを指すのです。
そもそも、<上品羅>は、時代感覚というものがまったく伝わってこない...、古い空気感もないし、新しいと言う感じもない。
北村武資という染織家が、まったく独自につくり上げた織物であるにも関わらず、"新しい織物"と言う感覚が伝わってこないのです。
それは、きっと、研究対象とした過去の織物を徹底的に体得した後に、自身の織物を完成させたからなのかもしれません。
現代の織物としての<上品羅>には、古の織物の英知が活かされているんだと思います。だから、時代感覚なるものが感じられないんだと思います。

それにしても...、この織物はとても綺麗です。
"捩り"繰り返された経糸..、一本の経糸を眼で追って行くと、次々と経糸を捩り繰り返し、その間、緯糸が絡んでいる。視ていると、規則的な織りである筈なのに、まるで、有機性をもった繊維の絡み合いのような錯覚を憶え、いつしかこの織物が絹織物であることさえも忘れてしまう...、それほどに綺麗なのです。

北村武資制作の羅の帯地です。
何かで飾られている訳でもない..、むしろ、装飾性が排されている感じさえする。それにも関わらず、美しいほど精巧で、そして、綺麗な織物。芸術的な美的感性をも感じさせてくれる程の存在感をもった帯地として織物です。

色は<白>です。

 
 北村武資 上品羅 北村武資 上品羅 北村武資 上品羅

羅 北村武資 上品羅 北村武資 上品羅
羅上品羅 北村武資 手織
商品番号 kbno_87001
北村武資.上品羅.帯地(白)
丈 : 9尺5寸以上(約3.6m以上/お仕立て上がり)
ご購入をご検討の方は下段フォームよりお問い合わせ下さい

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、256bitのSSL暗号化通信によって送信されます。

このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります