トップページに戻る
サイトマップ
ひと一人の創造力/染織技術より創られた帯地を類別いたしました。 産地生産には見られない表情と質感が染織にこめられています。 個性的であるかもれません。着物を選び、<人(ひと)>を選ぶ強さを保っていることあるかもしれません。 しかし、こうした帯を使うことは、制作者の感性と技能を楽しむことに繋がるのです。
 

 Shopping-contents

   
工芸帯地 タイトル
背景
多良間島芭蕉布.名古屋帯 タイトル
 

 多良間島芭蕉布 草木染め 多良間島芭蕉布 草木染め 多良間島芭蕉布 草木染め
型絵染め型絵染め型絵染め
 
多良間島芭蕉布九寸名古屋帯
西筋ヒデ 作品
経糸:手績み苧麻糸
緯糸:手績み芭蕉糸
草木:福木 テカチ(車輪梅)
 

多良間島と八重山諸島の間に位置する孤島、多良間島で制作された織物です。経糸に苧麻糸、緯糸に芭蕉糸が使われ、草木染料で染色が施されています。

織物の制作は、不思議な程、制作された土地、機屋、織人の個性が反映するものです。そもそも、真摯な手仕事で制作された「作品」は、織物に限らず、制作者としてのアイデンティティなんだと思います。

こちらに掲載をさせて頂いた織物は、何から何まで、制作者の手仕事でつくられています。
経糸に使われている苧麻糸も、緯糸に使われている芭蕉糸も、自生しているイラクサ(麻)と芭蕉から、手績みでつくられている。染色も自然採取された福木とテカチ(車輪梅)で染められています。
制作に関わる素材のすべてが、制作者が暮らす島で賄われているんですね。

こうした織物は、他では眼にすることはありません。
色は...、色だけのお話ではないことを"この織物"は教えてくれる..、織は..、織だけのお話だけではないことを"この織物"は教えてくれている様です。色と織は、制作者の感性と意識によって、見事な調和が計られているんですね。
だから、この織物の色は、苧麻と芭蕉と言うふたつの"糸"が相俟って生まれる色...、この織物の素材感は、やはり、苧麻と芭蕉と言うふたつの"糸"が相俟って生まれる素材感なのです。
そして、この織物の機織だけではなくて、素材のすべてを、制作者自身が手掛けている...、だから、他の何処にもない存在感が、この織物から伝わってくる訳です。

一見すると強い色彩印象を憶えるかも知れないけれど、実は、この色が、自然に、馴染んでくる様なんですね。織の質感覚も、やはり、同じように..、個性を想わせるかの様ですが、妙な衒いがない。むしろ、辺りの空気を柔らかくするかのような質感が感じられる。
まるで、南国の暑さが、どこか心地良さみたいなものを想わせるのと似ているんですね。
この織物なんですが、その土地と制作者、そのものが映されているんです。

宮古郡多良間島でつくられた芭蕉布の帯地。
制作者.西筋ヒデ氏は、多良間島で、たったひとりで、この織物を織っている織人です。

 
 多良間島芭蕉布 草木染め 多良間島芭蕉布 草木染め 多良間島芭蕉布 草木染め

西筋ヒデ 制作 多良間島芭蕉布 草木染め 多良間島芭蕉布 草木染め
西筋ヒデ 制作草木染め 多良間島芭蕉布 手織
商品番号 rkyj398549
多良間島.芭蕉布九寸名古屋帯
制作:西筋ヒデ
経糸:苧麻糸(手績み)
緯糸:芭蕉糸(手績み)
草木:福木 テカチ
丈 : 9尺5寸程(約12.5m)
sold
 
掲載のお品についての問い合わせの際は、下段よりご連絡下さい。
 

お名前

メールアドレス

メールアドレス(再度入力)

問い合わせ内容

*ご入力頂いたデータは、セキュリティ保持のため、SSL暗号化通信によって送信されます。

 
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:30
定休日:日曜日/祭日
お問い合せはお電話でも承ります