トップページに戻る
サイトマップ
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、袋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。

 Shopping-contents

西陣織帯地
背景
〆切七宝文様 タイトル
背景
西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様
背景
西陣織袋帯 唐織
−〆切七宝文様− 
背景

唐織の袋帯としては、至って単調かもしれません。
複雑な文様が絵緯糸によって織り出されている訳でなく、絵画的なる色彩に彩られている訳でもありません。要するに、豪華絢爛と言うありがちなる唐織印象とは趣を異にする唐織と捉えられるかと思います。
とは言え、この唐織ですが、唐織という印象の前に感じるものがある様な気がします。
それは、垢抜けをした綺麗さのようなものです。
白色と藤色..、この織物には、たったふたつの色彩しか使われていません。単純に白色、藤色の美しさと言うのではなくて、この織物にある白色と藤色は、艶やかなる絹糸によって品位ある色艶を想わせてくれているのでです。この色艶は、他の織物ではあまり感じられない格調のようなものを伝えてくれるのです。
そして、文様も、また、極めて単調なのです。それも特に珍しい文様である訳ではないのです。花に七宝文様。唐織にありがちな大胆に大きな花七宝ではありません。細かな七宝文様が延々に織り込まれているだけなのです。
この唐織を眼にして、直感的に響く印象は、先に申した垢抜けをした綺麗さです。
西陣織唐織に対する一般的なる印象。豪華絢爛たる重厚な織物と言う印象となるかと思います。ですから、こちらに掲載をさせて頂いた織物を眼にして、唐織であると気付くまでには時間を要するかもしれません。まず、印象に残るのは「垢抜けをした綺麗さ」です。「良くある豪華さ」に対局するかの如くに、まるで透明性のような美しさと品位を秘めているかの様に想われるのです。
花七宝なる文様は、それ自体で完成された日本の伝統的なる文様です。完成された文様が、整然たる規律によって配され織り出されているのです。特に、彩色を施されることなく..。延々と連続する花七宝は、ひとつひとつが独立した文様ではなくて、この織物の中で、まるで地紋の様に繋がり無地織に近い図案の様にも感じられるのです。この帯地の図案師は、花七宝で埋め尽くされた織物それだけの綺麗さを伝えるべくして図案を興したのかもしれません。

白色と藤色、そして花七宝だけが織り出された唐織です。
でも、単調な印象はありません。品格と美しさが確実に伝わって参ります。
礼を意識したお着物..、色無地や付下から飛び文様小紋や江戸小紋などと適わせて幅広くお使い頂けます。

背景
西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様
西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様西陣織 〆切七宝文様
商品番号 nfo_1015
西陣織袋帯
価格 \250000(税別)
長さ:1丈1尺5寸程(約4.4m前後)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
\250000(税別)/帯のみ
\260000(税別)/帯+御仕立て
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
デザイン・加工・細工、または文章表現について、商業使用/私用に関わらず盗用/引用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。
過去に差し止め請求が発生した事もあります。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります