トップページに戻る
日本の織物の中で最も洗練された印象を保つ西陣織。
古来より都の文化の中で育まれたその文様と織物としての質感は、常に文化人、趣味人など眼に晒される事で、洗練された文様と極めて高い織物となったのです。
こちらにて掲載をさせて頂く西陣織は、袋帯として織られた物。
機屋などが趣向を凝らし、誂えた帯地です。

 Shopping-contents

西陣織帯地
着物の悦び
着物の悦び
着物の悦び
西陣織袋帯帯地 
着物の悦び
この西陣織に付いて無地と捉えるには、あまりにもある種の趣を思わざるを得ません。この西陣織を指し示す際には「無地みたいな」なる表現が適うかもしれません。しかし、帯地として、着物に適わせてみたり、または織物としてみたりした際に、「無地みないな」と言うは表現は一蹴されるのです。織物としての質感が高く、「無地」と言う単純な表現では尽くせない趣が保たれているのです。
この「趣」なるものは何であるか?  もちろん、その答えこそがこの西陣織の保つ魅力である筈です。
この西陣織は、ほぼ単彩で織られております。まるで「塗って」いるかのような質感は、まさしく「塗り」を施されているのです。それは西陣織に「塗って」いる訳ではありません。この織は「箔」がすべての面に織り込まれているのです。この極めて希薄な和紙に塗られた「箔」が極細微に裂かれ、その裂布を織り込む事で帯の文様を呈しているのです。この「塗り」の様な雰囲気は、一枚の和紙に「箔」を塗り込まれた際の筆痕なのです。この「筆痕」は、後に、帯地となった際には、明らか文様=帯地としての景色となるように付けられた筆痕なのです。
箔の筆痕と織物として織られた文様が、相俟る事で、この西陣織特有の質感を保っているのです。一見すると無機質的な印象があるかもしれません。でも、そんな事はないのです。この箔をつくる職人と織る職人が求めた質感がこの織物の中に脈打っているのです。

さて..、この西陣織をどの様に楽しむべきでしょうか?
この西陣織ですが、何度も申し上げますが、「無地」ではないのです。しっかりとした質感を呈してくれますが、その代わり、適うべき着物にも同格の質感を求めるかもしません。
しかし、難しく考える必要はありません。例えば、無地の着物。染めのものでも、織のものでも構わないのです。しっかりとした質感があれば、この西陣織が、装いそのものを魅力的なものとしてくれるはずです。無地、無機質的な印象の装いではありますが、単なる「無地」や「無機質」ではない、豊かなる質感が漂う装いとなるのです。
また、手描き友禅、大島紬の様な絣文様紬織物などにも、着物側が保つ雰囲気=柄模様の印象を損なうことなく馴染んでくれる筈です。単彩印象の織物の特徴かと思います。

この西陣織は、「箔」と紋織とが巧みに相俟った織物です。先に申し上げた様に「塗り」印象は「和紙の上に塗った箔」の筆痕。そして、文様は紋織にて表現された文様なのです。そして、この紋には、ある銘が与えられている様です。それは「松」と銘されております。「松の木」をモチーフとしているのか? 「松の枝」をモチーフとしているのか? ただ、この織を眼にしていると「松」と言うニュアンスが何となく伝わってくるのは、みる者の思い込みでしょうか。。。
着物の悦び
商品番号 kfo_1005
西陣織袋帯
価格 \320000(税別)
付け帯をご希望の方はお問い合わせ下さい
長さ:1丈1尺5寸程(約4.4m前後)/正絹100%
ご注文方法はこちらをクリックして下さい
御購入をご希望の際は以下のフォームより御注文をお願い致します
\320000(税別)/帯のみ
\330000(税別)/帯+御仕立て
お品の確認必要
確認不要
お仕立前にお品の事前ご確認を推奨致しております。
詳しくは「ご注文方法」を御覧下さいませ
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。
Copyright (c)Marutoya.co.Ltd. All Rights Reserved.
デザイン・加工・細工について盗用が認められる場合、法的拘束力が課される場合があります。過去に差し止め請求が発生した事もあります。

創作着物と帯の専門店マルトヤ
http://www.kimono-shop.co.jp
名古屋市中区新栄1丁目5番10号
TEL:(052)262−5638
FAX:(052)241−2369
AM 10;00−PM 6:00
定休日:日曜日/祭日
展示会期間中は営業致しております
お問い合せはお電話でも承ります